文=池田敏明

“駅近物件”が増えてきたJリーグ

©Getty Images

 2016シーズン、ガンバ大阪の新本拠地、市立吹田サッカースタジアムがオープンした。2017シーズンには、北九州スタジアムがギラヴァンツ北九州の新たなホームとなる予定だ。北九州は残念ながらJ2からJ3へと降格してしまったが、真新しいスタジアムで心機一転、再昇格を目指すこととなる。

 その北九州スタジアム、JR小倉駅や松山・小倉フェリーのターミナルに隣接するというアクセスの良さが建設当初から話題になっていた。

北九州市が新スタジアムの建設を開始した。1万5,000人収容できる海沿い、新幹線駅から徒歩7分という、全国で見ても類を見ない魅力的なスタジアムとなる予定だ。
小倉駅北エリアに新スタジアム建設(前)|データ・マックス NETIB-NEWS

 JR小倉駅は新幹線の停車駅なので、アウェイのサポーターにとっても嬉しい限りだが、駅からのアクセスが北九州スタジアムに負けないぐらい優れたスタジアムは他にもある。後発ということもあり、プロ野球に比べると立地や設備面で後れを取っていたJリーグのスタジアムも、四半世紀の時を経て、ホスピタリティに優れた施設が増えてきている。

 そこで、J1からJ3まで全54チームのホームスタジアムの、最寄り駅からの徒歩での所要時間を調査してみた。所要時間はJリーグ公式ホームページ( http://www.jleague.jp/ )を参照とし、徒歩での記述がない場合はグーグルマップ( https://www.google.co.jp/maps/ )の経路案内で最寄り駅からの徒歩の所要時間を調べた。

◆第5位:徒歩5分
⑤県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ/J1)
→鹿島臨海鉄道「鹿島サッカースタジアム」駅より徒歩5分(開催時のみ停車)

⑤味の素スタジアム(FC東京/J1、東京ヴェルディ/J2)
→京王線「飛田給」駅北口より徒歩で約5分

⑤夢の島競技場(FC東京U-23/J3)
→JR京葉線、東京メトロ有楽町線、りんかい線「新木場」駅より徒歩5分

⑤パロマ瑞穂スタジアム(名古屋グランパス/J2)
→地下鉄名城線「瑞穂運動場東」駅3番出入口より徒歩5分

⑤ノエビアスタジアム神戸(ヴィッセル神戸/J1)
→神戸市営地下鉄海岸線「御崎公園」駅2番出入口より徒歩5分

⑤エディオンスタジアム広島(サンフレッチェ広島/J1)
→アストラムライン「広域公園前」駅より徒歩5分

⑤京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(京都サンガ/J1)
→阪急京都線「西京極」駅下車、徒歩約5分

 5位タイには7つのスタジアムがランクイン。いずれも最寄り駅から徒歩5分という好立地にある。FC東京と東京ヴェルディの本拠地である味の素スタジアムは「飛田給」駅から徒歩約5分、FC東京U-23のホームである夢の島競技場も「新木場」駅より徒歩5分という好立地だ。FC東京U-23と東京ヴェルディが使用する味の素フィールド西が丘も、都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅から徒歩8分で辿り着くことができる。東京、名古屋、京都、神戸、広島など、大都市は交通網が整備されており、アクセスしやすい環境と言える。

“駅近”に恵まれたセレッソ大阪。最も遠いスタジアムは……

©Getty Images

◆第4位:徒歩4分
④ユアテックスタジアム仙台(ベガルタ仙台/J1)
→仙台市営地下鉄南北線「泉中央」駅より徒歩4分

 4位はベガルタ仙台の本拠地、ユアテックスタジアム仙台。地下鉄南北線はスタジアム周辺では屋外を走るため、車窓からその姿を眺めることができる。球技専用でピッチからも近く、全席が屋根で覆われているという、観戦環境も抜群のスタジアムだ。

◆第1位:徒歩3分
①キンチョウスタジアム(セレッソ大阪/J1)
①ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪/J1)
→JR阪和線「鶴ヶ丘」駅東口より徒歩3分

①ベストアメニティスタジアム(サガン鳥栖/J1)
→JR鹿児島本線、長崎本線「鳥栖」駅より徒歩3分

 1位タイ輝いたスタジアムは3つ。J1への復帰を果たしたセレッソ大阪はキンチョウスタジアム、ヤンマースタジアム長居の2つを使用している。長居公園内で隣接する両スタジアムは「鶴ヶ丘」駅東口より徒歩3分で辿り着く。地下鉄御堂筋線「長居」駅からも徒歩5分なので、こちらの駅を利用することも可能だ。サガン鳥栖の本拠地であるベストアメニティスタジアムも「鳥栖」駅から徒歩3分の好アクセスを誇る。こちらも球技専用スタジアムでスタンドの傾斜がきついため、臨場感は抜群だ。

 参考までに「最寄り駅から遠いスタジアム」を挙げると、最も遠いのはFC琉球の本拠地の一つ、沖縄市陸上競技場。沖縄は鉄道網が整備されていないため仕方がないのだが、ゆいレール「首里」駅から徒歩で向かおうとした場合は3時間24分もかかる。次点は栃木SCの本拠地、栃木県グリーンスタジアムで、こちらはJR「岡本」駅より徒歩で1時間37分かかる。ただし、今回調べたのはあくまで「最寄り駅から歩いた場合の所要時間」。大半のスタジアムは主要駅からバスなどでアクセスできるし、駐車場を利用できるところもあるので、ご安心あれ。

池田敏明

著者プロフィール 池田敏明

大学院でインカ帝国史を専攻していたが、”師匠” の敷いたレールに果てしない魅力を感じ転身。専門誌で編集を務めた後にフリーランスとなり、ライター、エディター、スベイ ン語の通訳&翻訳家、カメラマンと幅広くこなす。