決勝進出を果たしたヴィーナス
tennis365.net

ヴィーナス 8年ぶり決勝進出

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は13日、女子シングルス準決勝が行われ、第10シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)が第6シードのJ・コンタ(英国)を6-4, 6-2のストレートで下して8年ぶりの決勝進出を果たし、6度目の優勝へ王手をかけた。 この日、序盤から両者激しいラリー戦を繰り広げる中、第10ゲームでヴィーナスがブレークに成功して第1セットを先取。第2セットも流れはヴィーナスに傾き、地元のコンタをストレートで退けた。 決勝では、第14シードのG・ムグルサ(スペイン)と対戦する。ムグルサは準決勝で世界ランク87位のM・リバリコワ(スロバキア)をストレートで破り、2年ぶりに決勝へ駒を進めた。 ウィンブルドンでヴィーナスは、2000・2001・2005・2007・2008に優勝している。 一方、敗れたコンタはイギリス人女子で40年ぶりの決勝進出とはならなかった。

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter