写真=Getty Images
BasketCount

ブルズは『赤』のイメージを強調、新シーズンからホームでも赤のジャージーを着用

ホームかアウェーかを問わず「ブルズと言えば赤」に NBA各チームが新シーズンに着用するジャージーを発表する中、ブルズは2017-18シーズンのホームゲームで赤のジャージーを着用することを発表した。 ユニフォームサプライヤーがadidasからNikeに変わった影響により、来シーズンからは『ホーム』、『アウェイ』という概念を撤廃。新シーズンのユニフォームはホーム用を『アイコン』、ロード用を『アソシエーション』という名称で呼ばれる。また、これまではホームチームが白ベースのユニフォームを自動的に着用することになっていたが、来シーズンからはホーム側のチームがどのユニフォームを着用するかを選択できることになった。 ブルズはこれに伴い、ホーム用に赤ユニフォームを、ロードゲームでは白ユニフォームを着用することを決定した。これにより来シーズンは白ベースのユニフォーム姿を見る機会はかなり減ることになりそうだ。 ブルズ以外の多くのチームは従来通り白いユニフォームをホームゲームで着用することが予想される。となると、ブルズはアウェーゲームでもほとんどの試合で赤いユニフォームを着ることに。つまり、ホームでもアウェーでも多くの試合で赤の『アイコン・ジャージー』を着用してプレーするということだ。 FIRST LOOK: Introducing, for the very first time, the official Chicago Bulls @nike Icon jersey, which will serve as our primary home uniform this season. Scroll for more ?? Chicago Bullsさん(@chicagobulls)がシェアした投稿 - 2017 8月 2 7:30午前 PDT 『CSN Chicago』によれば、ブルズは昨シーズンのホームゲーム41試合中36試合で白ユニフォームを着用し、3試合でグレーの『シカゴプライド・ジャージー』、1試合で赤、もう1試合はアイルランド共和国の祝日セントパトリックス・デーにちなんだ緑のジャージーを着用。同様に昨シーズンのロードゲーム41試合中33試合で赤ユニフォーム、7試合で黒の袖付きタイプ、1試合で白ユニフォームを着用した。しかし、来シーズンから状況は完全に変わるだろう。 1998年を最後に優勝から遠ざかっているものの、2016-17シーズンを通してのチームグッズ売り上げランキングで常にトップ4に入るほどブルズ人気はいまだに根強い。人気コミック『SLAM DUNK』の主人公、桜木花道が通う湘北高校の赤ジャージーもブルズをモデルにしたと言われているだけに、日本のファンにとっては、赤が映えるユニフォームの方が印象に残っているのではないだろうか。 昨夏にデリック・ローズを、この夏にはジミー・バトラーを放出し、アイデンティティ崩壊の危機にあるブルズ。フランチャイズプレーヤーではなくチームカラーで今一度チーム内外の意思統一と結束を図るつもりだとしたら、決して悪くないアイデアだ。

VIEW MORE

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

VICTORY APP IS JUST RELEASED!!

いますぐストアでアプリをダウンロード!!

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter