平尾誠二について

名前平尾誠二
生年月日1963年1月21日
日本
出身京都府京都市
プロフィール京都・陶化中でラグビーを始め、伏見工3年のとき全国優勝。同志社大に進学後もバックスのプレーヤーとして、その天才的なプレーが注目を集め、82年19歳2ケ月の史上最年少で日本代表に選ばれた。同大の大学選手権史上初・3連覇(83〜85年)の原動力となり、85年英国リッチモンドへラグビー留学。

86年神戸製鋼に入社。88年〜91年主将を務め、94年社会人選手権V7を達成、89年から日本選手権7連覇。95年社会人選手権でV8を逸す。91年W杯で日本代表主将を務める。W杯後日本代表を退くが、95年復帰。97年第一線から引退。キャップ数は35。のち神戸製鋼ラグビー部でラグビー界初のゼネラルマネジャー(GM)となる。また、史上最年少で日本代表監督に就任。

のちに同志社大学大学院総合政策科学科に入学。98年11月W杯アジア地区最終予選で全勝1位となり、4大会連続W杯出場を決める。99年パシフィック・リム選手権で日本代表を初勝利に導く。同年10月W杯に出場するが、予選リーグで3戦全敗に終わる。00年7月アジア選手権5連覇。同年11月代表監督を退任。この間、同年3月スポーツ教室の開催を通じての社会貢献を目的とするスポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構を発足。

著書にベストセラーとなった「勝者のシステム—勝ち負けの前に何をなすべきか」がある。

山口良治の指導で高校トップクラスのラガーマンに成長

後に“ミスター・ラグビー”と呼ばれる平尾誠二が生まれたのは京都府京都市でした。運動神経抜群の平尾が最初に興味を示したのはラグビーではなく野球でした。小学生の頃は毎日のように野球をしていましたが、ラグビーに目覚めたのは中学生になってからのことでした。

陶化中学校に入学と同時にラグビーを始めた平尾ですが、すぐにその才能が花開いていきました。中学3年生になった平尾はチームを京都府秋季大会の決勝戦に導くなどの活躍を見せ、高校ラグビー界の関係者は早くも平尾を獲得すべく動き回っていました。その中でも平尾に執心だったのが高校ラグビーの名門校である花園高校でした。

しかし、そんな平尾のプレーを最も高く評価していたのは伏見工業高校の山口良治でした。この時すでに平尾は花園高校へ授業料無料の特待生としての入学が決まりかけていましたが、平尾は山口良治の熱意に感激し、両親の反対を振り切ってまで伏見工業高校へと進学します。

高校ラグビー界でも平尾はすぐに頭角を現し、この頃から急激に強くなっていった伏見工業高校は京都府大会の決勝戦へと進出しました。相手は平尾が入学する予定だった花園高校でした。白熱の試合は花園高校に軍配が上がりましたが、当時高校1年生だった平尾はよほど悔しかったのか、表彰式で授与された準優勝のトロフィーを投げ捨てて退場してしまいます。

しかし、平尾は翌年に伏見工業高校を全国大会へ導くと、3年生になった年ではなんと全国優勝を果たします。平尾の名は日本中のラガーマンはもちろん、多くのファンを魅了することになりました。

同志社大学を3連覇に導く

山口良治監督とのタッグで高校ラグビー史上に残る華々しい活躍を収めた平尾誠二。当然のように大学進学時にはどの大学に行くかも話題になりました。その中で平尾は地元である京都の同志社大学を選びます。

同志社大学入学と同時にすぐさまレギュラーに定着しました。この頃の平尾のプレーはすでにアマチュアの枠を超え、世界に羽ばたくようになります。大学ではセンターとしてプレーしながら、82年には日本代表へ選出されます。この時の平尾の年齢は19歳4ヵ月だったため、当時の日本ラグビー史上最年少となる代表選出という記録を作りました。

また、同じ時期に同志社大学で平尾はセンターとしてプレーしつつ、チームは連戦連勝状態でした。平尾の在学時、同志社大学はラグビーの大学ナンバーワンを決める大会、大学選手権でも優勝するのが常となり、平尾が在学した82年から84年まで、3連覇を達成します。

ちなみに大学選手権の3連覇は同志社大学が史上初の達成チームとなり、2012年に帝京大学が4連覇を達成するまでは破られない大記録となりました。

紆余曲折で神戸製鋼へ入社。日本選手権での7連覇に貢献

1985年、平尾誠二はラグビー発祥の地であるイギリスへとラグビー留学を敢行します。大学卒業後のプロ入りを目指しての動きかと思われましたが、実は当時の平尾は大学卒業後にラグビーをプレーするつもりはなく、外国で事業を起業したいという夢を叶える留学でした。同時にラグビー発祥の地でプレーして、世界では自分がどのレベルの選手なのかというのを知りたいという考えもあったと言われています。

天才的なプレーもさることながら、端正な顔立ちだった平尾はアマチュアながら人気選手のひとりでした。そのため雑誌等の取材のオファーもあり、とあるファッション誌に平尾はモデルとして誌面に登場します。これが後に事件を巻き起こすことになります。

この当時のアマチュア規定では一介の学生が雑誌等のインタビューに答えるのはご法度でした。平尾の登場したファッション誌は言語道断ということで、日本代表候補選手から除外され、国際大会にも出場停止という憂き目に遭います。

汚名返上のため、平尾は日本のクラブチームでプレーすることを決意します。そんな平尾に救いの手を差し伸べたのが神戸製鋼の亀高素吉でした。イギリスで出会ったのをきっかけに平尾は神戸製鋼へと入社します。

その期待通りに平尾は入社後も活躍し続け、さらにゲームキャプテンを務めるようになり、抜群のキャプテンシーでチームを強豪へと変貌させます。国内ラグビーの最も権威ある大会のひとつである日本選手権で7連覇へと導きます。

また、平尾は日本代表としてもプレーを続け、ラグビーワールドカップには87年の初出場を皮切りに通算で4回出場します。98年の引退までに平尾は日本代表キャップを35まで積み上げました。

監督としても活躍。日本代表をワールドカップへ導く

現役引退後、平尾誠二は神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーに就任します。それと同時にラグビー日本代表の監督も務めることになり、平尾は選手時代に続いて、史上最年少での代表監督になりました。

監督になっての初勝利は5月に行われたパシフィックリム選手権でした。ここで日本代表は11年ぶりにカナダを下し、平尾は監督として国内初戦を初勝利で飾りました。98年の11月にはワールドカップアジア地区最終予選で日本は全勝で1位となり、4大会連続ワールドカップ出場を決めます。

さらに99年もパシフィックリム選手権で日本代表を勝利に導き、10月にはW杯に出場しますが、予選リーグで3戦全敗に敗れてしまいます。

監督としてラストイヤーとなった2000年、平尾は7月に行われたアジア選手権で優勝に導いて5連覇を達成しました。これ機に11月に代表監督を退きました。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。