©Getty Images
VICTORY

岩崎恭子

日本人史上最年少の金メダリストとなった競泳選手の岩崎恭子。小学2年生から選手として活躍を収めると92年のバルセロナオリンピックに13歳で選出され、無名だったにもかかわらず、200m平泳ぎで金メダルを獲得。インタビューで答えた「今まで生きてきた中で、一番幸せです」というフレーズは全国に広まることになりました。その後も全国高校総体等で活躍を収め、アトランタオリンピックにも出場しますが、病気を理由にわずか20歳にして現役を引退するというキャリアを送りました。このページでは岩崎恭子についてご紹介します。

続きを読む 続きを読む

コメント(1)

  • 0
    星野鉄郎

    2021/02/15 18:18

    「決勝で岩崎はロケットスタートを決めて先頭に立つとそのまま後続を振り切って見事に優勝を飾ります。」
    これ↑。この時の岩崎恭子の映像なんて超有名でどこでもあるのに それさえも見ずに記事を書いてるのか。なんといういい加減な記事。まあネットの際となんて所詮はこんなもんという見本だな。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter