名前五十嵐亮太(イガラシリョウタ)
生年月日1979年5月28日
日本
出身北海道札幌市
プロフィール小学校1年で町の野球チーム・さつきに入り、4年時千葉に転校、花見川一中で千葉北シニアの一塁手。敬愛学園高入学後投手。1997年全国高校野球選手権千葉大会の2回戦、古豪習志野に9回土壇場で逆転勝ち。

1998年ドラフト2位でヤクルトに入団。同年ファーム日本選手権に優勝し、MVPを獲得。1999年5月対横浜戦でプロ初勝利。2000年チーム最多の11勝を挙げ、年俸も入団時の10倍となる4300万円で契約更改。150キロの速球が武器。甘いマスクで女性ファンも多い。

2001年は41試合登板に終わりましたが、チームの日本一に貢献。2002年からは3年連続60試合登板を達成し、2004年はクローザーに抜擢。同年5勝3敗37セーブで最優秀救援投手のタイトルを獲得。2005年から不調に陥ると、2006年右肘靭帯断裂が発覚し、トミー・ジョン手術。1年以上のリハビリを経て2008年シーズンにはセットアッパーとして復帰。

2009年オフ、FA権を行使してメジャー移籍を表明。2009年ニューヨーク・メッツと2年契約締結。1年目34試合、2年目45試合とメジャー登板を重ねるも防御率は悪く、契約延長できず。2年目オフから3球団を渡り歩くも2012年でメジャー挑戦を終える。

2013年からは福岡ソフトバンクホークスと契約して日本球界復帰。2014年、リーグ最多44ホールド、さらには2年連続防御率1点台と安定感あるセットアッパーを務める。2016年には日本通算700試合登板も達成。

NPB時代の通算成績は708試合、54勝37敗70S、146ホールド、防御率2.95、762回0/3、845奪三振(2016年まで)。最優秀救援投手1回。

MLB時代の通算成績は83試合、5勝2敗4ホールド、防御率6.41、73回0/3、72奪三振(2016年まで)。敬愛学園高卒、78センチ、74キロ、右投右打。

高校入学と同時に投手に転向すると、高卒でドラフト2位指名

五十嵐亮太は、母親の実家である北海道留萌市で生まれ、幼少期は札幌市で過ごします。そして小学1年生で町内会の野球チームに入って野球を始めました。4年時に千葉へ引っ越すと、柏井ジャガーズで野球を本格的に始め、中学からは千葉北のリトル・シニアに所属して一塁手を務めます。しかし打力があったわけではなく、唯一の長所の強肩はいかされないまま中学生活を終えました。

敬愛学園高に進学すると、当時の監督が肩の強さを見抜き、念願の投手に抜擢されました。1年春からリリーフとして起用されると、夏には先発としてチームの戦力となります。2年春には、千葉県内屈指の豪腕投手としてスカウトにも注目されるようになりましたが、投手としての経験は少なく不調の時期が続きました。

しかし、プロ野球選手になれるかもしれないという気持ちから、練習にさらに熱が入るようになります。3年最後の夏、甲子園という夢には届きませんでしたが、強豪・習志野高校を撃破しました。そして1997年ドラフト会議では、同年優勝を飾ったヤクルトから2位指名という高い評価を受けます。投手経験3年に満たない五十嵐は、プロ野球選手としてスタートラインに立ちました。

入団2年で球速を10キロアップさせ、中継ぎ投手として一軍定着

ルーキーイヤーの1998年は、1年間二軍において小谷正勝ピッチングコーチの指導を受けました。それまで経験のなかったウェイトトレーニングなどをすることで、高卒時144キロだった球速は149キロまであがり、二軍戦でいいピッチングを展開します。ファーム選手権ではMVPを獲得して、球団初のファーム優勝に貢献しました。

2年目にはさらに球速が154キロまであがり、豪腕の中継ぎとして一軍でも多くの試合で起用されました。2000年、完全に一軍に定着すると、五十嵐亮太が中継ぎ登板した試合で勝利投手となることが多く、チーム最多の11勝をマークし最優秀バッテリー賞にも輝きます。2001年は怪我のため、41登板に減らしましたがチームの日本一に貢献しました。

2002年、左腕・石井弘寿との豪腕コンビはロケットボーイズと称され、クローザー高津臣吾へつなぐ強力セットアッパーとしてともに活躍します。最優秀中継ぎ投手のタイトルは石井に譲りましたが、五十嵐も66試合に登板して、8勝、防御率2.08と好成績を残しました。

クローザーに抜擢されると、42SPで最優秀救援投手のタイトルを獲得

2003年オフ、高津臣吾がメジャーリーグ挑戦したため、五十嵐亮太がクローザーに抜擢されます。すると2004年はさらに球速を増して、当時日本プロ野球最速タイの158キロを計測しました。5勝3敗37セーブ(42セーブポイント)で球団セーブ記録を更新し、最優秀救援投手のタイトルを手にします。出会い頭の本塁打を浴びることも多くありましたが、速球一本勝負は、プロ野球再編問題でストライキにまで発展したプロ野球人気を呼び起こす大きなきっかけにもなりました。

右肘故障し、トミー・ジョン手術を受けるも、球威を落とさず復帰

翌年もクローザーを任され、日本球界初の160キロという大きな期待もかけられます。しかし、2005年は49試合に登板するも、不調で1点以上も防御率を悪化させると、2006年は29試合と登板機会を減らし、同年終盤には右肘靭帯断裂が発覚しました。トミー・ジョン手術は不可避となり、オフに決行します。当然長いリハビリが必要となり、2007年は1年間棒に振りました。

当時、トミー・ジョン手術経験者は、球界復帰を果たすも多くはその球威が失われていました。しかし五十嵐亮太に至っては、球速がほぼ変わらない状態で復帰します。2008年から戦列復帰すると、クローザー林昌勇につなぐセットアッパーとして復活し、2009年には21試合連続無失点記録を樹立するなど完全復活を遂げていました。

海外FA権を行使してメジャーリーグ挑戦も不本意な成績で終わる

怪我による離脱はあったものの、ヤクルトで12年間を過ごし海外FA権を取得していました。そして、さらに上のレベルを目指して、メジャーリーグ移籍を決意します。そして、五十嵐亮太はニューヨーク・メッツと2年契約を交わして海を渡りました。開幕からメジャーでも中継ぎとして登板し順調なスタートを切ります。しかし、怪我などあってマイナーも経験し、さらに五十嵐以上の球速を持つ投手もゴロゴロいたため、新球カーブを多投するようになりました。

しかし1年目はボールにも、長距離移動にも慣れないことが多く34試合に登板しましたが、防御率7.12と不本意な成績で終わりました。2年目もメジャーとマイナーを行き来し、4勝を上げるも防御率4.66と苦しみ契約延長を勝ち取れません。その後も短い間に移籍を繰り返しましたが、メジャー3年目の2012年は結局わずか4試合の登板に終わり海外挑戦にピリオドを打ちました。

日本球界復帰すると、かつてない安定感でセットアッパーに定着

33歳だった五十嵐亮太は、福岡ソフトバンクホークスと契約を交わして、日本球界に復帰します。開幕当初は苦しみましたが、シーズン途中からはクローザーに抜擢されると、51試合に登板して3勝3敗12セーブ、11ホールドとチームに貢献しました。

翌年からはメジャー時代に修得したナックルカーブが冴え渡り、安定感のあるセットアッパーとしてチームの2年連続日本一に貢献します。2014年は、63試合に登板してリーグ最多の44ホールドに防御率1.52、2015年も31ホールド、防御率1.38とソフトバンクブルペンに不可欠な存在となりました。2016年は、故障もあって33試合の登板に終わりましたが、すでに日本球界だけで700試合登板を達成しています。2017年の現役投手としては岩瀬仁紀に次ぐ2位であり、歴代登板数トップ10は目前に迫っています。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。