ジェフリー・バトルについて

名前 ジェフリー・バトル
生年月日 1982年9月1日
カナダ
出身 オンタリオ州スムースロックフォールズ
プロフィール 2001-02シーズンよりシニア大会に出場し、ISUグランプリ(GP)シリーズ初参戦となったNEK杯で2位に入り、四大陸選手権で初優勝。2004年四大陸選手権で2度目の優勝。2005~2007年カナダ選手権で3連覇。2005年世界選手権で銀メダル、2006年トリノ五輪で銅メダルを獲得。2008年世界選手権ではSP、フリーともノーミスの完璧な演技で初の金メダルに輝いた。同年9月現役を引退し、プロスケーターに転身。端正なルックスと華麗な滑りで日本でも高い人気を誇る。

四大陸選手権にて初出場初優勝の偉業達成

ジェフリー・バトルがスケートを始めたのは2歳のころでした。かなり早いスタートに感じられますが、バトルが育ったカナダ・オンタリオ州ではこれが普通だったのです。そしてバトルがフィギュアに転向したのは5歳のころ。この頃から姉とともに切磋琢磨するようになり、10歳になると、姉ととともにアイスダンスの競技に出場することもありました。バトルの特徴とも言えた男性らしからぬ繊細な演技のルーツはこの辺りにあったのかもしれません。

また、バトルは同時進行でスケートだけでなくバレエのレッスンも積んでいました。その成績もかなり優秀で13歳になるとカナダの国立バレエ学校への入学許可を得るほどでした。あの表現力の高い豊かな演技はバレエによるところも大きいと言えるでしょう。

13歳になったごろからフィギュアスケート一本に絞ったバトルですが、2001-02シーズンからいきなりシニア大会に出場します。グランプリシリーズのNHK杯では初出場ながらいきなり2位に入り、周囲を驚かせると、なんと四大陸選手権では初出場初優勝という偉業を成し遂げます。この活躍に加え、カナダ選手権でも3位に入ったバトルはこの年に行われるソルトレイクシティオリンピックへの出場が取り沙汰されるようになります。

19歳にしてオリンピック出場の資格を得たバトルですが、当時のカナダの男子フィギュアスケートの出場枠はわずか2つ。そのため、バトルの滑り込みはならず惜しくもオリンピック出場は逃しました。

採点基準の変更が追い風に

惜しくもソルトレイクシティオリンピックに出場できなかったジェフリー・バトルでしたが、世界選手権はエルビス・ストイコの欠場もあって代役出場します。19歳にして世界の一線級のスケーターたちと競技をすることになりました。

当時、19歳とまだ若いバトルにとって次の目標はもちろん4年後のトリノオリンピックになりました。少ない代表枠に入るには何といっても実績を積むことと考えたバトルは2002-03シーズンも四大陸選手権で4位、2003-04シーズンにはグランプリシリーズのNHK杯で優勝し、グランプリファイナルの出場権を得ます。しかし、故障のためにバトルはグランプリファイナルを棄権。これが災いして世界選手権の出場権すら逃します。しかし、四大陸選手権で復帰したバトルは圧倒的な演技力を見せて2度目の優勝を果たします。

この頃から、バトルの表現力豊かな演技が注目されるようになりますが、そのキッカケとなったのは採点基準の変更でした。これによりバトルの表現力がより高く評価されるようになり、演技構成点が高くカウントされることが増えました。

バトルにとって追い風が吹きだした頃ですが、2004-05シーズンになるとバトルはよりスコアを伸ばすためにコーチをラファエル・アルトゥニアンにスイッチします。これによりカナダ選手権を初優勝、グランプリファイナル、世界選手権で2位に入るなどバトルは俄然、勢いづいてきました。

演技構成点の高さでトリノ五輪銅メダル

目下絶好調と言うべき状態に入った彼が次に狙うのはもちろん、オリンピックの舞台になりました。カナダの代表枠に入ることを目指して奮闘する日々が続きます。

オリンピックのためにも負けられない2005-06シーズンは、グランプリシリーズでは表彰台に上がり続ける好成績を残し、さらにカナダ選手権も連覇を果たします。これによってバトルは念願とも言えるオリンピック代表に選出、満を持してトリノオリンピックへと駒を進めました。

男子フィギュアスケート界では有力選手だったバトルはこの大会でもメダル候補として知られる存在になります。そのトリノオリンピックではショートプログラムでジャンプの転倒というアクシデントがあり、出遅れてしまいましたが、フリーでも4回転トウループの転倒があるなどまさに絶体絶命のピンチに陥ってしまいます。

しかし、採点基準の変更によって回転の成功云々ではなく難易度の高い技に挑む姿勢、そして演技構成点でバトルは高い評価を与えられて巻き返し、結果的に銅メダルを獲得しました。

この勢いに乗ったバトルはカナダで行われる世界選手権にも出場しますが、ここではショートプログラムの3回転ルッツの失敗が原因で出遅れてしまい、フリーで3回転ジャンプを成功させるなどの追い上げを見せたものの、最終的には6位と不発に終わってしまいました。

パトリック・チャンに一矢報いた世界選手権

トリノオリンピックの銅メダルで燃え尽きたか、ジェフリー・バトルは2006-07シーズンに背中の疲労骨折を発症し、グランプリシリーズの欠場を余儀なくされてしまいます。しかし、地元のカナダ選手権では故障が癒えたか見事に優勝し、そして四大陸選手権でも2位に入り、世界選手権に臨みました。しかし、ショートプログラムこそ2位に付けましたが、フリーで点数が伸びず、総合6位に甘んじました。

この頃から男子フィギュアスケート界にパトリック・チャンが登場します。同じカナダの新鋭に負けじとバトルも奮戦しますが、2007-08シーズンのカナダ選手権、グランプリシリーズともに後塵を拝する形になりました。しかし、四大陸選手権で2位に入って復権すると、バトルは続く世界選手権でチャンに勝つべく、4回転ジャンプを外すという大胆な戦略で臨みます。

これが功を奏したか、ジャンプに頼らないことでバトルの演技力がより引き立ったプログラムになったことで見事にバトルは世界選手権で初優勝を飾りました。このタイトルを置き土産としてバトルはその後、現役引退を発表します。プロスケーターとして活躍する一方、振付師としても才能を発揮して、キム・ヨナなどの振り付けをしたことでも知られています。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。