名前正田樹(ショウダイツキ)
生年月日1981年11月3日
日本
出身群馬県太田市
プロフィール小学4年生から野球を始め、群馬・太田北中から投手に。桐生第一高に進学し、3年夏に甲子園出場。1999年夏の甲子園でエースとして活躍。左腕から繰り出す140キロ台の速球と、大きく割れるカーブを武器に同校を群馬県勢として春夏を通し初の優勝に導く。

同年ドラフト1位で日本ハムに入団。2000年8月対ダイエー戦で無失点初登板を果たす。2002年、初勝利を完投で飾ると、同年9勝をマークして新人王獲得。

2004年、左肩を故障すると長い低迷期に入る。2006年は一軍登板無しに終わり、2007年開幕前に阪神へトレード移籍。しかし2年間登板無しに終わり、2008年オフ戦力外通告。

2009年からは台湾球界(CPBL)にチャレンジし、2年間興農ブルズでプレー。優勝にも貢献するも2010年契約解除。アメリカレッドソックスとマイナー契約するも、2ヶ月持たず解雇。

2011年4月に、独立リーグ・新潟アルビレックスBCと契約。後半戦に3勝5敗とチームの優勝に貢献。その活躍が目に留まり、2012年ヤクルトと契約してNPB復帰を果たす。

2013年、戦力外通告を受けると、2014年からLamigoモンキーズと契約して台湾球界復帰。5月に解雇されると、四国アイランドリーグplus。

愛媛マンダリンパイレーツと契約。同年から2年連続最優秀防御率、2015年は年間MVP。2017年現在もNPB復帰を目指してプレー中。

NPB時代の通算成績は123試合、25勝38敗4ホールド、防御率4.70、786回1/3、263奪三振。新人王。
CPBL時代の通算成績は59試合、25勝11敗1ホールド、防御率3.60、324回1/3、231奪三振。最多勝利1回、最多奪三振1回。
独立リーグ(BC)時代の通算成績は23試合、3勝5敗1セーブ、防御率3.00、63回0/3、45奪三振。
独立リーグ(IL)時代の通算成績は41試合、21勝9敗、防御率1.47、269回1/3、223奪三振。最優秀防御率2回、後期MVP1回、年間MVP1回。桐生第一高、185センチ、78キロ、左投左打

桐生第一のエースとして、甲子園6試合で3完封し全国制覇

正田樹は、群馬県太田市に生まれ、小学4年生から野球を始めます。太田北中学時代に投手を始め、桐生第一高に進学するとエースとなりました。2年夏の県大会では参考記録ながら完全試合を達成しチームは5度目の甲子園出場を決めます。しかし、自身の出番はなく初戦敗退すると、松阪大輔擁する横浜高校が春夏連覇を達成しました

翌1999年夏、桐生第一は2年連続出場を果たします。そして甲子園の主役は正田が奪いました。初戦の比叡山高校戦では1安打、12奪三振で完封という最高のスタートを切ります。2回戦は8回1失点、3回戦は3失点ながら完投でベスト8に進出すると、さらにギアを挙げました。準々決勝では2安打完封、準決勝は7安打打たれるも連続完封で決勝戦まで勝ちあがります。決勝戦は初回に先制を許すも、打線が爆発して逆転すると、そのまま完投して群馬県勢として初の優勝を成し遂げました。優勝までの6試合で1イニングだけリリーフを仰ぎましたが、5完投、3完封という圧巻のピッチング。落差のあるカーブと直球で一躍ドラフトの目玉となりました。

3年目に頭角を現し、2完封を含む9勝をマークして新人王

超高校級左腕として注目された正田樹は、1999年ドラフト会議で日本ハムファイターズから1位指名を受けて入団します。高卒ルーキーは、ファームスタートとなりましたが、8月に一軍初マウンドを経験するなど5試合に登板しました。2年目には、初先発の機会を与えられましたが、3回持たずにKOされます。入団して2年間は、制球難の癖が治らず6試合出場の未勝利に終わりました。

3年目の2002年、ついにベールを脱ぎます。5月の福岡ダイエー戦で先発すると、1失点完投で見事なプロ初勝利を飾りました。するとそのまま日本ハムローテーション投手に定着し、ともにチームトップの5完投、2完封で9勝11敗、防御率3.45という成績を収めます。同年チーム順位は5位と振るわないなかでの9勝に、完投数なども評価されて新人王に輝きました。

左肩故障後は低迷から脱することができず、26歳で戦力外通告

2004年から、チームは北海道に移転し、若き21歳の正田樹にはエースとしての期待が寄せられました。しかし、キャンプで左肩を故障すると、球威が失われて同年は5勝15敗と大きく負け越します。翌年8勝5敗と持ち直したものの、防御率は5点台と戦力なれませんでした。徐々に登板機会が失われ、2006年チームは44年ぶりの日本一に輝いたものの、自身の一軍登板は1試合もありませんでした。

2007年、開幕直前に金沢健人とのトレードで阪神タイガースへの移籍が決まります。新天地での復活を目指しましたが、阪神でも2年間登板無しに終わり、二軍でも勝ち星を得られませんでした。2008年オフ、球団から戦力外通告を受けます。その後、12球団トライアウトを受験するも獲得球団はなく、かつての甲子園優勝投手が26歳にして引退危機に陥りました。

台湾球界へチャレンジし、野球人生第2幕をスタートさせる

現役続行にこだわった正田樹は、台湾に渡って興農ブルズ(現・富邦ガーディアンズ)にテスト入団しました。リーグが始まる直前に契約締結すると、いきなり開幕投手を任されましたが調整不足で1回持たずに7失点KOされます。しかし、台湾野球のレベルは日本よりも低く、2試合目からはチームのエースとして活躍しました。同年は、最多勝、最多奪三振の2冠に輝きます。そしてオフには、ドミニカウィンターリーグに参加してメジャーリーグ進出も目指しました。

2010年も興農でのプレーが決まると、2年連続で開幕投手を務め、防御率も大幅に改善させて11勝をマークします。チームの優勝に大きく貢献しましたが、財政難にあえぐ球団は、正田に見合う年俸を支払うことができず、契約が解除されました。

独立リーグでの好投で、ヤクルトで4年ぶりにNPB復帰

2011年、前年叶わなかった夢の実現のため、アメリカに渡り、レッドソックスとマイナー契約を交わします。しかし、オープン戦の登板機会も与えられず、わずか45日で解雇されました。その後、日本へ帰国すると、4月独立リーグ・新潟アルビレックスBCへ入団します。当初は久しぶりの日本で調子が上がりませんでしたが、後半に先発、リリーフにフル回転して、チームの後期優勝、地区優勝に貢献しました。

するとこの好投がヤクルトの目に留まり、2012年、4年ぶりのNPB復帰を果たします。中継ぎとして24試合に登板して貢献すると、翌年の契約も勝ち取りました。2013年には、自身8年ぶりの勝利投手にもなります。しかし同年は15試合の登板に留まり、再び戦力外通告を受けました。

今なお夢を追いかけて、独立リーグで飽くなき挑戦を続ける

その後も、正田樹の野球熱が冷めることはありません。2014年、再び台湾球界のLamigoモンキーズと契約しました。しかし前回同様とは行かず、2勝2敗で打ち込まれることも多く、5月中旬に解雇されます。すると2週間と経たないうちに、四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツへの入団を決めます。後期には、先発投手陣の柱として活躍し、最優秀防御率、後期MVPのタイトルを奪取しました。

その後も愛媛でプレーを続け、2015年には2年連続で最優秀防御率、さらには年間MVPを受賞します。正田の目標は、2度目のNPB復帰であり、実に3度目の12球団トライアウトを受験しましたが、見送られました。それでも現役続行にこだわり、2016年もプレーし、2017年も現役選手で居続けています。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。