愛甲猛について

名前愛甲猛(アイコウタケシ)
生年月日1962年8月15日
日本
出身神奈川県
プロフィール9歳からリトルリーグで鍛え、1978年1年生投手として夏の甲子園に出場し、1回戦は完投勝ちをおさめるが、2回戦で敗退。1980年夏の甲子園ではエースで4番として出場し、優勝。

1981年ロッテにドラフト1位で入団。当初は投手だったが1勝もできず、1984年外野手に転向。1986年から一軍に定着し、のち内野手。1989元年には打率.333をマークするなど活躍。1996年自由契約となり中日に移籍。2000年シーズン終了後引退。のち野球評論家に。

通算成績は1.532試合、4,244打数1,142安打、108本塁打、513打点、52盗塁、打率.269。

忘れられない恩師・渡辺監督との出会いとなった横浜高校時代

愛甲猛は、幼少期からスポーツ万能で野球のみならず、様々なスポーツで頭角を現していました。しかし、中学時代から不良の道も歩み始め、タバコや万引きなど相当なヤンチャを働く札付きの問題児でもありました。

中学卒業後、渡辺元智が監督を務める横浜高校へ進学します。当時の横浜は、春夏1度ずつ甲子園出場経験がありましたが、渡辺監督になってからは一度も聖地の土を踏んでいませんでした。しかし1年生の愛甲猛がノーヒット・ノーランを演じるなど、県大会を制すと渡辺監督になってから初の甲子園出場を確定させます。さらには横浜高校としての夏初勝利をも実現し、その後に大きく期待がかけられました。

ところが、怪我や不良グループとの付き合いを優先するあまり、一時野球から離れます。補導された際には、渡辺監督が迎えに行くという問題児ぶりは変わりませんでした。すると監督は自分の家に住まわせて、エースを野球に復帰させるという面倒見の良さを見せました。

アイドル・荒木大輔を破り、横浜高校として初の甲子園優勝に導く

監督の親身の指導は愛甲猛にも伝わり、1980年夏、横浜高校の4番エースとして自身2度目の甲子園に出場を決めます。そして本戦でも周囲を驚かせる快進撃を見せていきました。大会第1号本塁打も放った愛甲は、順調にチームを勝利に導いていきます。3回戦からは接戦の連続でしたが、鳴門(徳島)、箕島(和歌山)をともに1点差で勝ちきり、ベスト4に進出。天理(奈良)との準決勝は雨中決戦となるも逆転勝利を収め、優勝をかけて早稲田実業(東東京)と対戦しました。

早実には、一躍甲子園のアイドルとなった一年生エース荒木大輔が君臨していました。実に準決勝まで4完封、44回1/3連続無失点と絶好調。この荒木と当時、「不適の悪童」と称された左腕・愛甲猛との頂上決戦は、いやがうえにも全国注目の的となります。投手戦が予想されていましたが、横浜打線は5回までに6点を奪い荒木をKO。横浜も早実打線につかまりましたが6-4と競り勝ち、スター対決に見事勝利します。横浜高校として夏の選手権初優勝であり、当然渡辺監督としても初制覇でした。この後、横浜高校は甲子園常連校となり、あの松坂大輔を擁した時代には、春夏連覇を成し遂げるなど、渡辺監督は甲子園51勝(春夏あわせて優勝5回)を記録しました。

投手として大成せずも、ロッテの主力野手として定着

愛甲猛は、1980年ドラフト会議で意中ではなかったロッテオリオンズから1位指名を受け、当初は露骨に拒否反応を示しました。それでもロッテの一員となると、いきなり大きな壁にぶち当たります。新人ながら背番号1を与えられた期待の投手でしたが、3年間で1勝すらあげることができません。そして4年目にはついに野手転向を余儀なくされました。

しかし愛甲猛は類稀なバッティングセンスも持ち合わせており、さらに当時チームの主砲だった落合博満の指導もあって、転向3年目から内野手としてレギュラーに定着します。1989年には、自身初・生涯唯一の打率3割もマークし、一塁手としてゴールデングラブ賞も受賞しました。まさにロッテオーダーに不動の中距離打者として、5年連続フル出場を達成します。そして、この期間に実現した535試合連続フルイニング出場は、現在でもパ・リーグトップの堂々たる記録です。

自身の晩年には、師匠・落合博満と同じ軌跡をたどり中日へ移籍

1994年以降不調に陥った愛甲猛は、1995年限りでロッテを退団し、無償トレードで中日ドラゴンズへ移籍します。奇しくも、師匠落合と同じ軌跡でしたが、その時落合はすでに巨人へ移籍していました。

移籍時まだ33歳だった愛甲猛ですが、レギュラー奪取はできず、おもに代打として活躍します。特に1999年には打席数は少ないながらも打率.387をマークし、リーグ優勝に貢献しました。これは愛甲猛自身がプロ野球選手生活味わった唯一の優勝となりました。

第二の野球人生では野球評論家として独特な香りを漂わせる

通算20年で、投手として0勝、野手として1,142安打を放った愛甲猛は、2000年限りで現役を引退します。野球選手の第二の人生は難しいものがありますが、愛甲猛は飲食店経営やタレント業など様々なチャレンジをし、一時は、失踪事件などでも注目を集めました。また現役時代には語られなかった、自身の激動の反省をその著書で赤裸々につづっています(「球界の野良犬」/宝島社、「球界のぶっちゃけ話」宝島社など)。最近では、プロ野球や高校野球の解説者としても活躍していますが、その歯に衣着せぬコメントは辛口で知られ、一部の野球ファンに好評を得ています。

VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部