小久保裕紀について

名前小久保裕紀(コクボヒロキ)
生年月日1971年10月8日
日本
出身和歌山県和歌山市
プロフィール小学1年から野球を始め、星林高校3年の時和歌山県大会でベスト4。青山学院大に進み、1年の時投手から野手に転向、好打俊足の野手として活躍。1992年全日本で唯一の学生選手としてバルセロナ五輪に出場、銅メダル獲得に貢献。1993年は青山学院大学、初の大学日本一にも貢献。1994年ドラフト2位で福岡ダイエーに入団。

2年目から頭角を現して1995年本塁打王、1997年打点王を獲得。2003年オープン戦で大怪我を負いシーズンをフルに欠場。翌年から無償トレードで巨人に移籍した。初のセ・リーグでもホームランバッターとして存在感を示し、2006年には巨人史上初となる移籍選手ながら主将を務める。2007年からは古巣ホークスに復帰。2010年からリーグ連覇を飾り、2011年は日本シリーズMVPを獲得して日本一を達成。2012年、通算2000本安打を達成し、同年現役引退。2013年11月から、野球日本代表監督に就任。2017年、第4回WBCに出場するも準決勝で敗退し監督を辞任。

通算成績は2,057試合、7,474打数2,041安打、413本塁打、1,304打点、58盗塁、打率.273。本塁打王1回、打点王1回、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞3回、カムバック賞1回、西日本スポーツ大賞。星林高校卒、青山学院大学卒、右投右打、182cm、87kg。

青山学院大学時代には初の大学日本一を達成し、福岡ダイエーを逆指名

小久保裕紀は和歌山県に生まれると、幼少の頃に両親が離婚し、母親に育てられました。そして野球を始めたきっかけも母親であり、少年時代に一度辞めると言い出すも無理やりグラウンドに連れて行かさせられました。しかし小学2年からはプロに狙いを定めて、野球に集中します。中学からは主に投手としてプレーし、星林高校でも投手にこだわりましたが甲子園には届きませんでした。

青山学院大学へ進学すると、いきなり挫折を味わいます。デビュー戦でわずか1アウトしか取れず4失点し、投手失格の烙印を押されました。しかし小久保は打者としての才能も持ち合わせていました。内野手に転向すると一気にホームランバッターとして頭角を現します。1992年には、学生として唯一バルセロナ五輪にも出場し日本の銅メダル獲得にも貢献しました。母の教えにより、文武両道を信条に学生時代を過ごしており、1993年の大学4年生当初には卒業に必要な単位は取得し、同年は完全に野球に集中できる環境を整えました。すると主将としてチームを引っ張り、青学史上初の大学野球日本一を成し遂げました。同年末のドラフト会議では、最大の注目となり、福岡ダイエーホークスを逆指名してついに夢だったプロ野球選手となりました。

順調なスタートも、その後は2度もシーズンを棒に振る大怪我

ルーキーイヤーは不本意に終わりましたが、2年目から早くもレギュラーを獲得します。開幕から二塁手として出場すると、そのまま130試合をフル出場を果たしました。同年はリーグ全体の打撃成績が低調で、小久保裕紀は後半から4番を任され28本塁打を放ちタイトルも獲得しました。リーグトップの9本の三塁打に14盗塁と足でも非凡なセンスを見せました。さらに4年目の1997年には初の打率3割に、114打点で打点王獲得とまさに順風満帆でした。

しかし同年オフから小久保にとっては苦難のシーズンが続きます。信頼していた税理士に裏切られるという形で脱税事件が発覚し、自身は翌年開幕戦から8週間の出場停止という処分を受けます。遅れての開幕となると、右肩関節唇損傷という大怪我を負い残りのシーズンを棒に振りました。

1999年は打撃成績こそ低調でしたがチームの初優勝に貢献し、翌年は自身も31本塁打、105打点と復調し連覇を成し遂げました。さらに2001年には、44本塁打、123打点と大爆発しチーム不動の4番として活躍し続けました。まさにミスターホークスとして順調な成績をあげていましたが、2003年シーズン前にホームベース上で捕手と激突し右膝を故障する大怪我を負ってしまいます。この負傷は思いのほかひどい状態で、完治には約半年を擁し、結果的に2003年シーズンはフルで棒に振りました。

ナインの誰もが唖然とし怒りに震えた巨人への無償トレード

前シーズンを全休し、2004年からは満を持して復活すると思われていました。しかし、チームに衝撃が走ります。小久保裕紀が無償で巨人にトレードされるというまさかの発表がありました。ナインにとっては寝耳に水状態で、チームは大きく混乱し、優勝旅行もボイコットするという異例の事態に陥りました。

実は自身でもトレードを志願していたという小久保は、新天地でいきなり成績を残します。慣れないセ・リーグでも主力として試合に出場すると、本塁打を量産しました。結局同年は、キャリアハイの打率.314に、41本塁打、96打点という素晴らしい成績を残しカムバック賞を受賞しました。巨人右打者で40本塁打を越えたのは、史上初の出来事でもありました。翌年はほとんどの試合で4番を任され34本塁打と活躍しますが、チームは前年から低迷状態にあり優勝には届きませんでした。契約最終年となった2006年は、主将に任命されます。伝統ある巨人でも移籍選手が主将を務めるのは初めてのことで、小久保のキャプテンシーが証明されました。しかし同年は、試合中に骨折を負い、不完全燃焼に終わりました。

古巣ホークスへ復帰し、主将として日本一も経験して現役引退

FA権を取得した小久保裕紀は、当時の王貞治監督の直接交渉も実り、ホークスへの復帰を果たします。35歳とベテランの域に達しており全盛期の活躍こそ見せられませんでしたが、存在感を示しました。復帰初年度は、死球骨折によってフル出場はできませんでしたが、25本塁打、82打点はともにリーグトップでした。2009年から秋山幸二監督が就任すると、主将に任命され、13年ぶりのフル出場を達成しました。そして2010年は、チームは7年ぶりの優勝を果たします。約1ヶ月の離脱こそありましたが、4番、主将としてチームを牽引しました。

2011年は開幕戦で死球骨折、さらに中盤にも骨折や不調で離脱を繰り返しましたが、チームは独走でリーグ連覇を飾りました。前年も敗れ課題でもあったクライマックスシリーズを勝ち抜くと、2003年以来の日本シリーズへたどりつきました。すでに40歳を迎えていましたが、この大一番で力を発揮します。全7試合に中軸として出場し、勝負どころで貴重な打点を挙げました。4勝3敗で見事日本一を勝ち取り、打率.320だった小久保はMVPを受賞しました。

2012年、すでに全身は怪我でボロボロでしたが、残り38本に迫った通算2000本安打達成を目指します。自身のプロ野球人生を物語るかのように、あと1安打というところで怪我による戦線離脱をします。しかし約1ヵ月後に復帰すると、同試合で見事に安打を放ち、史上41人目の2000本安打を達成しました。同年限りで現役引退を発表し、怪我に悩まされたプロ野球選手生活に別れを告げました。

第4回WBC監督として全勝で決勝ラウンド進出も、準決勝で敗退

2013年、小久保裕紀は引退して1年も経たないうちに、野球日本代表監督に就任します。侍ジャパン最大の目的は、2017年の第4回WBCで王座を奪回することであり、全く指導者経験を持たない小久保は当初から批判を浴びました。WBSCプレミア12、韓国との準決勝で敗退した際には、采配ミスを大きく取り上げられました。WBC直前の練習試合でも敗戦が立て込み、バッシングに近い報道にも苦しみました。

そして迎えた本戦、1次ラウンドから怒涛の連勝街道を走り、過去に例がなかった全勝で決勝ラウンド進出を果たします。しかしアメリカとの準決勝では死闘を繰り広げるも惜敗し、ベスト4で敗戦。WBC本戦で喫した唯一の敗戦がまさに命取りとなりました。ここで監督を辞任しました。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。