松井稼頭央について

名前松井稼頭央(マツイカズオ)
生年月日1975年10月23日
日本
出身大阪府東大阪市
プロフィール小阪小3年で野球を始める。1994年ドラフト3位で西武入団、登録名を稼頭央とする。PL学園ではエースとして甲子園で活躍したが、プロ入りと同時に打者に転向。1995年一軍レギュラーに定着。1996年スイッチヒッターに転向。1997年オールスターゲームで1試合4盗塁の球宴新記録をマーク。同年リーグ優勝に貢献、盗塁王を獲得。1998年2年連続リーグ優勝及び盗塁王を獲得。また、パ・リーグMVPに輝く。1999年最多安打賞、盗塁王を獲得。2000年6月対近鉄戦でサイクル安打を達成。同年12月球団史上最高の2億5000万円で契約更改。2002年、史上8人目、スイッチヒッターとしては初のトリプルスリーを達成。8年連続フル出場、7年連続打率3割、7年連続ベストナインを達成し、2003年オフ海外FA権を行使してメジャーリーグ移籍を表明。

ニューヨーク・メッツと3年契約締結し、開幕戦初球本塁打と最高のデビューを飾る。しかし同年から6年連続で故障者リスト入りするという怪我に苦しみます。3年連続で開幕戦本塁打を放つも、毎年出場試合数を減らします。3年目途中からロッキーズへトレード移籍。ここでも怪我に苦しみ、2008年からはアストロズへ移籍。2年目にメジャー2度目の規定打席に到達。2010年も出場機会に恵まれず、メジャー挑戦を7年で終了。2011年からは楽天と契約して日本球界復帰。常時出場するレギュラーにはなれないも、2013年球団創設初優勝に貢献。2015年からは外野手へ転向。2017年には史上8人目の2000安打&200HR&200盗塁を達成。

NPB時代の通算成績は1,839試合、7,075打数2,068安打、199本塁打、825打点、362盗塁、打率.292(2016年まで)。盗塁王3回、最多安打2回、最優秀選手1回、ベストナイン7回、ゴールデングラブ賞4回。

MLB時代の通算成績は630試合、2,302打数615安打、32本塁打、211打点、102盗塁、打率.267。PL学園高校卒、右投両打、177cm、78kg

エースだったPL学園時代、相次ぐ怪我で不完全燃焼に終わる

松井稼頭央は大阪に生まれ、活発な幼少期を過ごします。大の巨人ファンだった父親の影響で、自身も小学3年から野球を始めました。抜群の身体能力で投手を務めましたが、チーム力はそれほどでもなく、小学、中学時代と全国舞台へたどりつくことができません。そこで名門校PL学園に進学し、夢の甲子園を目指すことになりました。強豪校にはチーム内に多くのライバルがいますが、松井は投手として1年春からベンチ入りを果たします。素質十分ではありましたが、ここから怪我との戦いが始まりました。

1年秋に、自身は肘痛でマウンドに上がれませんでしたが、チームは翌年のセンバツ出場を確定させます。2年春には、背番号1を背負うエースとなり、念願の甲子園の切符を手にいれました。しかし怪我が完治せず2試合マウンドには上がれませんでした。しかしベスト4をかけた東海大相模戦では、痛み止めの注射を打っての出場、先発に起用されます。ところが3回2失点で降板し、そのまま0-2でチームも敗れました。その後も、怪我で投げられない日々が続き甲子園行きのチャンスを逃し、3年最後の夏も大会直前のぎっくり腰が影響して、府大会決勝で涙を呑みました。

プロとの差を尋常ならぬ練習量で補い、走攻守で頭角を現す

甲子園ではほとんど結果を残せませんでしたが、松井稼頭央は野手としての才能を評価されて注目されました。そして1993年ドラフト3位で、西武ライオンズから指名され入団しました。野手転向でプロスタートしますが、プロのレベルの高さ、そして自身の低さに驚愕します。守備ではエラーを連発し、打撃でも全く歯が立ちませんでした。打開策の一つとしてスイッチヒッター転向にも取り組み、慣れない守備と多くの課題克服のため、人の5倍はしたといわれる練習の虫となりました。

元々、同僚が認める驚きの身体能力を持っており、それに並々ならぬ努力が加わると、頭角を現すのにそれほどの時間は要しませんでした。2年目に一軍で21盗塁と足で光るものを見せると、3年目の1996年は遊撃手として開幕スタメンを勝ち取ります。そして同年フル出場を果たし、リーグ2位の50盗塁とスピードスターとして名を馳せます。1997年にはオールスターゲームで4盗塁してMVPを受賞、同年から3年連続で盗塁王を獲得しました。さらに、同じく3年連続で打率3割と打撃も開眼しました。その頃には、遊撃手としての守備力も格段にあがりゴールデングラブ賞も獲得します。走攻守でチームをリードした松井は、1998年にはシーズンMVPを受賞するなど、西武に欠かせないプレイヤーとなりました。

西武不動の3番に座ると長打力が開花、トリプルスリーも達成

1999年からは、3番打者に抜擢されてクリーンナップの一角を担うことになります。すると元々の広角打法に加えて、フルスイングをすることで長打力も開花させます。2000年には初の20本塁打をクリアすると、2002年にはキャリアハイの36本塁打を放ちました。もちろんスピードが衰えたわけではなく、同年は、打率.332、36本塁打、33盗塁で、史上8人目、そしてスイッチヒッターとしては初のトリプルスリーを達成しました。

松井稼頭央はまさに替えのきかない絶対的レギュラーとして、1996年から8年連続フル試合出場を達成します。その間、7年連続打率3割、遊撃手としては最長の7年連続ベストナインという文句なしの成績でした。この間の西武ライオンズは、オールAクラスでリーグ優勝も3度実現しました。

日本人初のメジャー内野手は、7年間を怪我との戦いで終える

松井稼頭央は、通算打率.309と当時歴代9位を保った状態で、2003年オフ海外FA権を行使しました。ニューヨーク・メッツと3年契約を交わし、日本人初の内野手メジャーリーガーとして挑戦を始めましたが、その7年間は怪我との戦いとなります。開幕戦に出場し、メジャー史上初となる新人初打席初球本塁打を記録します。その後も本塁打を重ねていきましたが、守備で交錯して怪我を負ってしまいました。その後復帰、欠場を繰り返し規定打席には何とか到達しましたが、物足りない成績で1年目を終えます。2,3年目も初打席で本塁打を記録するという活躍を見せましたが、年々出場機会を減らし、3年目途中にはコロラド・ロッキーズへトレード移籍となりました。ただロッキーズでは、二塁手レギュラーを掴み、規定打席未到達ながらも打率.288と復調を見せ、ワールドシリーズ進出と存在感を示しました。

こうした活躍で、ヒューストン・アストロズとの3年契約を勝ち取ります。2年目の2009年には自身メジャー最多となる132試合に出場し、日米通算2000本安打こそ達成しましたが、打率.250と大きく数字を落としました。結局メジャー移籍後6年連続で故障者リスト入りするなど、何度も故障に悩まされます。契約最終年度は、万全の状態でむかえましたが、今度は出場機会がほとんど与えられずシーズン当初に解雇されました。同年中はメジャーでのプレーを目指してアメリカに残りましたが、昇格できずメジャー挑戦は7年間で幕を閉じました。

日本球界復帰するとベテランとして活躍し、初の日本一を経験

35歳の松井稼頭央は、2011年からのプレーする場を東北楽天ゴールデンイーグルスに移し2年契約を締結しました。創設7年目と若い球団において、精神的支柱として期待されました。すると同年139試合に出場して、リーグ最多の34二塁打を放つなど、好成績を残します。2013年には、シーズン前に第3回WBC日本代表にも選出されます。

大会では結果を残せませんでしたが、ペナントレースではエース田中将大の活躍もあって、球団創設初優勝を飾ります。2年ぶりに規定打席に到達し成績は不本意でしたが、日本シリーズではチーム最多安打を放ち、守備でも大活躍します。自身のプロ人生で初となる日本一の原動力となりました。

超ベテランの域に達するも、日米で次々と大記録を達成

2014年は128試合に出場して、打率.291を残し12年ぶりの打率10傑入りを果たします。もうすぐ40歳を迎える大ベテランは、野球人生をさらに延ばすために、遊撃手一本だった守備位置を、三塁手、そして外野手へと広げました。通常なら、簡単にはいかないコンバートですが、持ち前の身体能力は健在でそつなく外野手をこなしています。

松井稼頭央は、フル出場できるような状態ではなくなりましたが、2017年でプロ23年目を迎えています。故障と戦いながらも、プロとして試合に出場し続けた結果、数々の大記録を樹立しています。2015年には、NPB(日本プロ野球)2000本安打、日米通算450盗塁を達成。そして2017年には、NPB通算200本塁打も達成し、史上8人目の2000本安打、200本塁打、200盗塁の達成者となりました。スイッチヒッターとして、2000本安打、200本塁打を放っているのは松井一人という生きる伝説としてプレーしています。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。