名前パンチ佐藤(パンチサトウ):本名 佐藤和弘
生年月日1964年12月3日
日本
出身神奈川県川崎市
プロフィール小学校入学前から野球を始め、神奈川・武相高校、亜細亜大学を経て、1987年熊谷組に入社。1年目からレギュラーとなり、1989年都市対抗野球で史上2人目というサイクルヒットを記録。同年全日本代表。

1990年ドラフト1位でオリックスに入団。独特のキャラクターで人気を集める。1994年登録名をパンチとするが、シーズン終了後引退。

引退後はタレントとなり、バラエティ番組「新ウンナンの気分は上」などに出演。俳優としても活躍。著書に「プロ野球独断毒舌改造論」がある。

通算成績は149試合、260打数71安打、3本塁打、26打点、3盗塁、打率.274。武相高等学校卒、亜細亜大学卒、熊谷組出身、右投左打、177cm、78kg

甲子園未経験も大学、社会人時代、俊足強打の外野手として頭角を現す

パンチ佐藤(佐藤和弘)は神奈川県川崎市に生まれると、テレビで「巨人の星」を見て以来、プロ野球選手に憧れるようになりました。
両親が共働きだったため、夜遅くまで団地の前で一人素振りを繰り返していました。小学生時代は地元の野球チームで4番エースを務めるも、中学生から野手へ転向します。進学した武相高校では甲子園を目指しましたが、縁がありませんでした。

しかし亜細亜大学では、同期に阿波野秀幸、1学年下に与田剛と有力選手が揃います。自身もリーグ戦86試合に出場してベストナイン3回を奪うなど、チームの優勝に貢献しました。
その後は熊谷組に進んで社会人野球の世界に入り、俊足強打の打者としてさらに磨きをかけます。
そして1989年の都市対抗野球大会では、大会史上2人目のサイクルヒットを記録し、2年連続社会人ベストナインに輝きました。

大豊作のドラフトで外れ1位指名を受け、風貌とコメントで注目を浴びる

1989年のドラフト会議は、都市対抗野球大会で大活躍した野茂英雄の行く先が大きく注目されました。
実に8球団もの1位指名が競合し、近鉄バファローズが交渉権を獲得します。そして、野茂を外したオリックス・ブレーブスは、外れ1位でパンチ佐藤を指名しました。同年は豊作ドラフトと呼ばれ、佐々木主浩、潮崎哲也、小宮山悟、佐々岡真司、古田敦也、前田智徳など多くの名選手が指名されました。

そんな名選手たちと同じドラフト1位の栄誉を得ると、実力よりもコメント力で先に有名となります。社会人時代にパンチパーマをあてた風貌もインパクトがありましたが、当時オリックス監督の上田利治が指名直後に電話したところ、「会社の上の人と相談して決める事ですけれども、自分の心はひとつです」と入団を宣言し、このフレーズは後にCMで使われるなど話題となりました。

1年目に代打で高打率を残すも、年々出場機会が減少し二軍暮らしが続く

どの球団でもドラフト1位選手は、キャンプからかなりの注目を浴びます。
インタビューを受けることも多く、パンチ佐藤は例え話にマラソン選手のロサ・モタを度々登場させて、世間の笑いを誘いました。
即戦力として4月の開幕早々プロ初出場を果たし、初安打でタイムリーを放つなど、まずは打撃で実力を見せます。しかし、守備力に難があったため、代打での起用がほとんどでした。
同年は西武ライオンズが独走で優勝を飾り、終盤スタメンでの起用が増えていきます。すると42試合と少ない出場ながら、打率.331と非凡なところを見せました。またヒーローインタビューでもユニークなコメントを繰り返し、プロ野球界の人気者となりました。

しかし2年目、チームの監督が土井正三に代わると徐々に出場機会が減り、同じく成績も下降していきます。1992年には35試合で打率.162と低迷し、1993年に至ってはわずか3試合の出場で1本もヒットを打つことができませんでした。その間、球団名もオリックス・ブレーブスからオリックス・ブルーウェーブに変更され、本拠地も神戸へと移転します。しかし順位は、3年連続3位に終わり、土井監督も1993年限りで監督を退任しました。

イチローとともに新たな登録名でリスタートするも、成績を残せず引退

1994年、仰木彬が新監督に就任すると、イチローとともに息を吹き返すきっかけをもらいます。
仰木監督は佐藤の明るいキャラクターに目を付けて、登録名を「パンチ佐藤」に変えさせました。また、天才的なバッティングセンスを生かしきれていなかった鈴木一郎も、同タイミングで「イチロー」に登録名を変えてセットで売り出します。
メディアに取り上げられる機会も増えて、まさに復活をかけたシーズンをスタートしましたが、大ブレイクしたのはイチローでした。イチローは振り子打法でプロ野球史上初のシーズン200安打を達成し、一気にスターダムにのし上がります。しかし、パンチ佐藤はレギュラーどころかスタメンのチャンスすらつかめず、23試合の出場に終わりました。

結果が残せずあがいていたシーズン終盤、仰木監督に呼ばれます。このままプロ野球選手を続けることよりも、芸能界へ転身したほうがいいのではと、事実上の戦力外通告をすると、それに応じることになりました。
現役生活最後の打席では、見事な三塁打を放ち大きくガッツポーズを見せてユニフォームを脱ぎます。

通算5年で71安打と一流の成績を残すことはできませんでしたが、記憶に残る男としてプロ野球ファンの心に残っています。

仰木彬監督の勧めでプロ生活に区切りを付けて、早期の芸能界入り

現役引退後、パンチ佐藤の芸名でタレント活動をスタートさせます。

すると持ち前のキャラクターにコメント力で、多くのバラエティ番組やスポーツ番組で引っ張りだこになりました。野球解説者としても活動し、2005年にはタレント・萩本欽一が監督を務める社会人野球チーム・茨城ゴールデンゴールズへ入団するなど話題となりました。

その後も、映画出演や日本全国での講演など芸能界で独特な立ち位置をキープしています。
プロ野球生活をあと1年続けていたら優勝を味わっていましたが、恩師・仰木監督の読みどおり早めの芸能界入りは正しかったといえます。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。