©Getty Images
VICTORY

藤本主税

「神を見た夜」としてJリーグファンからは未だに語り継がれる98年のJ1参入決定戦を経験したメンバーで最後の現役選手だった藤本主税。アビスパ福岡に入団後、主力選手として活躍するも、次第に出場機会に恵まれることがなくなり、99年にはサンフレッチェ広島に移籍。その後名古屋グランパスエイト、ヴィッセル神戸、大宮アルディージャ、ロアッソ熊本とクラブを転々とし、それぞれで持ち味を発揮していきました。このページでは藤本主税についてご紹介します。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter