ひとつ昔のお話はこちら

しかし――

スタンドのみんなとともに声を枯らして応援しましたが……

photo by Sowa Toshihiko

ベイスたんがもらえたのは第3戦・桑原選手のシウマイ1ケのみ……。

それでも、たくさんのまばゆい光がスタジアムを包み込み、それはそれは幻想的な夜となりました。

アゴ割れ船長、はやく地球に戻ってくるといいね!

まだまだ夏はこれから。
びっくりするような季節にしよう!

がんばれ、負けるな、ベイスターズ!!


☆次回の更新は8月6日(月)の予定です

ひとつ未来のお話はこちら
カネシゲ タカシ

著者プロフィール カネシゲ タカシ

漫画家・コラムニスト。1975年生まれ、大阪府出身。 「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。 現在は「週刊アサヒ芸能」や「スポーツナビ」に連載を持つほか、テレビ・ラジオ・トークイベントに出演するなど活動範囲を拡大中。 著書・共著に『みんなのプロ野球川柳』、『みんなの あるあるプロ野球』(ともに講談社)、『ベイスたんやよ!』(KADOKAWA)、『野球大喜利 ザ・レジェンド』(徳間書店)などがある。 元よしもと芸人。