(C)Getty Images
VICTORY

朝比奈と福岡が新しい風~欧米に追い付け〝文武両道〟

2020年東京五輪を目指すアスリートで、これまでの日本のトップクラスには珍しい人生設計を描いている選手たちがいる。ラグビー男子の福岡堅樹(パナソニック)と柔道女子の朝比奈沙羅(パーク24)。ともに現役引退後に医師になることを志し、競技生活を送りながら勉強にも励んでいる。欧米を中心に、海外では秀でた実績を持つスポーツ選手が医師や弁護士に転身する〝文武両道〟が散見される。人生の幅広い可能性を象徴するその存在は社会の豊かさを表す指標の一つとも捉えられる。自国開催の五輪を機に、福岡と朝比奈の生き方は日本のスポーツ界に新たな風を吹き込んでいる。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter