(C)Getty Images
VICTORY

「チームから求められるドライバーになりたい」 バーレーンGPで鮮烈デビューを飾った若武者・角田裕毅が今シーズンにかける想いとは

日本人が初めてF1の頂点に立つ、最大にして最後の希望になるかもしれない。2021年シーズンの開幕戦バーレーン・グランプリ(GP)にアルファタウリ・ホンダから初参戦した20歳の角田裕毅が9位でフィニッシュし、2ポイントを獲得した。日本出身のドライバーがデビュー戦で入賞するのは初めての快挙だ。奇しくもホンダがF1を去るシーズンに、7年ぶりに登場した日本生まれのフルタイムドライバーは新たな歴史を打ち立てることができるか。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter