©共同通信
VICTORY

[ユニ論]ユニフォーム・サプライヤーの最新勢力状況(プロ野球編)

日本国内ではZETTやSSKのイメージも強い野球用品ブランド。その実態を調べてみると、NPBのユニフォーム・サプライヤーは“日米決戦”の様相を呈している。

この連載について

続きを読む 続きを読む

コメント(3)

  • 44
    長谷川晶一

    ノンフィクションライター 2017/03/24 09:01

    12球団すべてのファンクラブに入会し続けて、今年で13年目になりますが、ユニフォームサプライヤーとファンクラブ特典グッズの関係はとても密接です。

    近年では、文中にあるマジェスティック社の台頭が著しく、同社のユニフォームを採用している5球団のファンクラブ特典グッズは、いずれもマジェスティック社製の高品質アイテムばかり。ファンクラブ界の向上に寄与しています。

    とても面白い記事でした!

    もっと読む
  • 21
    森本美行

    fangate(株) 代表取締役/一般社団法人日本スポーツマンシップ協会理事 2017/03/24 10:52

    四国アイランドリーグplusとUNDER ARMOURの日本総代理店であるドーム社との提携も、ユニフォーム、用具提供にとどまらない。マーケティング、ブランディング、スポーツを通した地域振興、その他スポーツにおける様々な事業化に対して共同で取り組んでいくパートナーシップだ。リーグ、球団とサプライヤーとの新しい関係性を作り上げていければ嬉しい。

    もっと読む
  • 7
    Takayasu Satake

    2017/03/25 01:48

    Majesticを知らない、にわか野球ファンですみませんでした。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter