©Getty Images
VICTORY

高梨沙羅

父も兄もスキージャンプの選手というアスリート一家で生まれ育った高梨沙羅。幼少期から父の英才教育を受けてスキージャンプを始めると、12歳で大会初出場、13歳でコンチネンタルカップ優勝を達成。史上最年少での優勝という大記録も打ち立てました。この大会を皮切りに出場した各大会を総ナメにし、スキージャンプ界の若き女王となりました。14年のソチオリンピックはまさかの4位に終わるという挫折を経験しましたが、その時の悔しさをバネに再び活躍し始め、現在までに歴代最多タイとなる53回の優勝記録を保持しています。このページでは高梨沙羅について紹介します。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter