長嶋一茂について

名前長嶋一茂(ナガシマカズシゲ)
生年月日1966年1月26日
日本
出身東京都大田区田園調布
プロフィール巨人軍・長嶋茂雄監督の長男。中学時代は陸上部の選手で、100メートル競走では大田区の決勝まで進んだ。立教高等学校(現・立教新座高等学校)で野球部に入部。立教大学に進学して、三塁手となる。1987年には主将となり、春のシーズンで初めてベストナインに選ばれた。大学通算打率.225、11本塁打。

1988年ドラフト1位でヤクルトに入団。シーズン当初から代打として出場。1991年長島から長嶋に改名。1992年米国マイナーリーグ・1Aベロビーチに留学。同年12月金銭トレードにより巨人に移籍し、父も巨人軍監督に復帰。1993年4月対阪神戦でのホームランがセ・リーグ通算3万号となった。右ひじ痛などで一軍定着が果たせず、1996年シーズン終了後引退。

引退後はスポーツキャスター、タレントとして活躍。1998年4月〜2000年3月フジテレビ「プロ野球ニュース」キャスター。1998年テレビドラマ「坊さんがゆく」(NHK)で俳優デビュー。2000年4月から2年間日本テレビ「独占SPORTS情報」(のち「The 独占サンデー」)のキャスターを務めた。2002年公開の映画「ミスター・ルーキー」に主演。他の出演作に、ドラマ「なにさまっ!」「THE DOCTOR」「オードリー」「新・お水の花道」などがある。2001年自伝的ノンフィクション「三流」を刊行。

通算成績は384試合出場、765打数161安打、18本塁打、82打点、打率.210。立教高校、立教大学卒、右投右打、181cm、90kg

偉大なる父・ミスタープロ野球の背中を追って立教大学へ進学

長嶋一茂は、ミスタープロ野球こと長嶋茂雄の長男として生を受けました。偉大ながらも天然な父を持つゆえに、小学生時代には一緒に球場に行ったにも関わらず、一人だけ置き去りにされてしまうというエピソードにも事欠きません。自身も小学生時代からリトルリーグに入って野球を始めましたが、マスコミへ追いかけられたこともあって5年で一度は辞めてしまいます。しかし、進学した立教高校において、父が巨人監督退任したタイミングで、再び野球を始めました。

恵まれた体格を持ち、甲子園を目標に野球にのめり込みました。3年夏には埼玉県大会準決勝まで進みあと2勝で聖地というところまでやってきます。しかし、その試合でサヨナラ負けを喫し、夢には届きませんでした。その後は、父と同じく立教大学に進学し野球を続けました。東京六大学リーグ4年間で101試合に出場して、打率は.225と低いものの、11本塁打、54打点と高い長打力を示します。4年生時には2季連続で三塁手としてベストナインに選出されるまでになっていました。

ドラフト1位で入団し、プロ8打席目に初安打で初本塁打

大学代表にも選出された経験があり、荒削りながら偉大なる選手の遺伝子を持つ選手は1987年ドラフト会議でも大いに注目されました。ヤクルトスワローズ、大洋ホエールズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)から1位指名され、抽選の結果ヤクルトに入団が決まります。当時のヤクルト監督・関根潤三の意向が、長嶋一茂指名には大きく関与していました。

キャンプから一軍メンバーとして抜擢されると、オープン戦でも結果を残します。爆発的な人気で、スタンドには大観衆が集まる中、初打席で初安打を放つとファンは大いに喜びました。しかし、長嶋自身は後で気づきましたが、相手が手を抜いて打たせていたのでした。それでも結果的にはオープン戦で計10安打を放ち、開幕一軍の座を手に入れました。そして初めてプロとしてスタートし、大学時代から慣れ親しんだ本拠地・神宮球場で初安打を本塁打で飾ります。代打として出場した巨人戦、自身8打席目の初安打は、父の10打席目を越えるものでした。

プロのレベルの高さに驚愕し、活躍できない日々が続く

しかしオープン戦が終わり開幕すると、全く打てない時期が続きます。プロのスピードに全くついていけず、完全に長くなっていた鼻をへし折られました。ルーキーイヤーは、4本塁打こそ放ちましたが、打率.203に終わり、2年目はさらに出場試合が減りました。

そして3年目の1990年からヤクルトの監督に野村克也氏が就任すると、さらに窮地に追い込まれます。監督は長嶋一茂の身体能力の高さには評価をしていましたが、やる気が前面に出ないことなどを理由にあまり起用しませんでした。そのため3年目は出場35試合で、打率.167、1本塁打と大きく数字を落としました。一軍で活躍するというハングリーさに欠け、またコーチ陣も、長嶋茂雄の息子ということで強い指導を施すことはありませんでした。ヤクルト時代で、唯一輝いたのは1991年、チームが球団新記録の12連勝を記録したときです。スタメンに抜擢された日に、3安打5打点と大活躍し、その日から連勝が始まったのです。12連勝中に2本塁打14打点と成績を残しましたが、連勝を止めたのも実は長嶋でした。13連勝を目前にした巨人戦、3点リードした最終回に、守備でミスを連発してまさかの逆転サヨナラ負けを喫しました。この時期のヤクルトは、野村監督が着任して徐々にチーム力をつけている頃で、監督着任3年目に宣言どおりのリーグ優勝を果たしました。しかし、その1992年は、アメリカに野球留学している真っ最中であり、歓喜の渦に加わる事はできませんでした。

父が監督に着任した巨人へ移籍するも、4年で戦力外通告

1993年、巨人監督に父・長嶋茂雄が就任するタイミングで、長嶋一茂も金銭トレードで巨人に移籍します。オープン戦では、スーパールーキー松井秀喜に大注目が集まる中、自身の豪打が爆発します。福岡ダイエー戦では、2打席連続本塁打を放つなど、打率.324、3本塁打、9打点と安定した成績を残し、同年の開幕スタメンの座を獲得しました。シーズンに入ると打撃に苦しみましたが、同年放った唯一の本塁打は、セ・リーグ通算3万号のメモリアルアーチでした。

ヤクルト時代の野球留学で守備力が向上しており、試合後半の守備固めなどでこそ起用されるものの、一向に打撃力の向上は見られませんでした。1995年には、右肘故障の為、1打席も立つことなくシーズンが終わってしまいます。そして1996年、コーチとの衝突から暴言を吐き、罰金に出場停止など散々な年を終えると、同年オフには、父である監督から直接、戦力外通告を受けました。その後多くの球団から、獲得の意思がありましたが、すっぱりと現役引退を表明します。偉大なる父を持ち、比較されることをわかってプロ野球界に入ってきましたが、384試合出場、打率.210、18本塁打でユニフォームを脱ぎました。

芸能人に転身して、タレント、俳優として確たる地位を築く

現役引退後の長嶋一茂は、芸能人に転身しました。スポーツキャスターなどを務める傍ら、俳優という一面も見せています。NHK連続テレビ小説にも出演し、自らが主演を務めた映画「ミスター・ルーキー」では日本アカデミー賞新人賞を受賞しました。他にも様々なバラエティ番組にも出演するなど、タレントとしての地位を確立しています。また2005年には読売新聞グループ本社社長付スポーツアドバイザーに招聘され、2011年には野球振興アドバイザーにも就任するという活動もしています。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。