江夏豊について

名前江夏豊(エナツユタカ)
生年月日1948年5月15日
日本
出身大阪府大阪市
プロフィール1967年ドラフト1位で阪神タイガースに入団。翌1968年は25勝12敗で最多勝を獲得する他、401奪三振の日本記録を樹立、1973年にはノーヒット・ノーランを記録するなど日本を代表する左腕投手として活躍。1976年南海に移籍後はリリーフ投手に転向。抜群のコントロールと頭脳的ピッチングで“名火消し”、“優勝請負人”とも呼ばれたが、そのワンマン的な気質のため、一匹狼として南海(2年)、広島(3年)、日本ハム(3年)と移る。1984年西武に入るが、同年シーズン終了後、自由契約選手になる。

1985年春、米国の大リーグ入りを目指してブリュワーズのキャンプに参加したが、夢は破れて帰国。以後、野球評論家として活躍するほか、タレントとしてTVや映画にも出演。阿久悠の小説「球心蔵」の日夏旭のモデルでもあり、1998年ラジオドラマ化時には日夏役を務めた。

通算成績は829試合、206勝158敗193S、防御率2.49、3,196回0/3、2,987奪三振。最多勝2回、最優秀防御率1回、最多奪三振6回、最優秀救援投手5回、MVP2回、沢村賞1回、ベストナイン1回。大阪学院高卒、左投左打、179cm、90kg。

変化球知らずの豪速球投手は、1位指名で4球団が競合し阪神入り

江夏豊は大阪で生まれ、両親が離婚した為母親に育てられました。年の離れた兄が父親代わりとなり、野球を始めた江夏の利き腕を強引に左に矯正したのも兄でした。中学生から野球部で本格的にプレーを始めましたが、トラブルを起こしてすぐに退部します。その後様々なスポーツを経験して陸上部に落ち着くと、砲丸投げで近畿大会2位の成績を修めました。

江夏は、大阪学院大学高等学校で投手を務めますが、変化球を一切投げられない直球一本の投手でした。しかし、その直球は球威十分であり、甲子園を賭けた府予選でもチームを準決勝に導きます。すでに当時から駆け引きを上手く使うクレバーな投手として頭角を現し、その活躍がプロスカウトの目に留まりました。荒削りの剛速球投手は、プロ4球団がドラフト1位指名で競合する中、1966年阪神タイガースへの入団が決まりました。しかし、プロでは変化球が必須であり、習得しようと試みますが実現できないままルーキーイヤーに突入します。当然、打ち込まれこそしましたが、直球一本で225三振を奪って最多奪三振のタイトルを獲得しました。

メジャーですら誰にも届かない、前人未到のシーズン401奪三振

江夏豊は2年目を迎える前に、ようやく変化球を取得します。すると、チームのエースだった村山実に代わる阪神の新エースとして台頭しました。1968年は、いずれもリーグ最多の25勝、26完投、401奪三振で初の最多勝に2年連続の最多奪三振のタイトルを獲得し、投手最高の栄誉である沢村賞も2年目にして受賞します。そして401奪三振は、シーズン奪三振記録の歴代トップに躍り出て、この記録は2016年現在も破られていません。さらに400の大台に乗せたのは、あとにも先にも江夏だけであり、メジャーリーグでもノーラン・ライアンの383個が最高の記録です。

その後も江夏の勢いは全く衰えません。入団から続ける二桁勝利を9年連続で達成し、1969年には初の最優秀防御率、1973年には24勝で2度目の最多勝を受賞します。また代名詞の最多奪三振のタイトルは、入団から6年連続で受賞と長年の間エースとしてチームを支えました。しかし、この間阪神は一度としてリーグ優勝を味わっていません。というもの、当時は巨人伝説の9連覇の真っ最中でありました。

オールスター9連続奪三振含めて、史上初の偉業を複数達成

優勝というチームとして最高の結果を得る事は出来ませんでしたが、阪神時代に大記録を達成しています。プロ5年目の1971年、江夏豊はオールスターゲームで9者連続三振という偉業を成し遂げました。田淵幸一との阪神バッテリーで、有藤通世、長池徳二、江藤愼一、土井正博ら当時パ・リーグの猛者9人に対し、一人を除いて全て空振り三振を奪うという離れ業を見せました。前年も連続5三振、さらに偉業翌日も1つ三振を奪っており、3試合にまたいで連続15三振という記録も樹立しています。


また1973年8月には、中日戦で史上59回目のノーヒット・ノーランも達成しています。しかし同試合ではさらに二つの偉業も同時になし遂げられました。同試合は延長戦にまでもつれ込み、結局11回まで無安打無得点を続けるという史上初の延長戦記録ばかりか、11回裏に自らのサヨナラホームランで決着を付けるというまさに独り舞台でした。

野村克也とともにリリーフ革命を起こし、救援投手として復活

プロ野球界を代表する左腕でしたが、1974年辺りから成績は下降線をたどります。江夏豊はもともと何万人に一人という心臓疾患を抱えており、さらに血行障害も悪化していました。さらに、首脳陣との確執などから、チーム内では一匹狼的な存在となり、1976年1月、南海ホークスへのトレード移籍が宣告されました。

しかし、ここで新たな出会いがあり、江夏は別の形で復活を遂げます。それは当時、選手兼任監督を務めていた野村克也であり、短いイニングなら十分通用する江夏の力を認め、球界にリリーフ革命を仕掛けました。1974年から救援投手のタイトルこそ制定されていましたが、当時のプロ野球は、投手は先発完投が当たり前の時代でした。しかし、リリーフ投手に専念すると、得意だった打者との駆け引きなどを巧みに使い、終盤のイニングで存在感を示していきます。そして1977年、初の最優秀救援投手のタイトルを奪い、日本球界のリリーフパイオニアとして見事な復活を遂げました。

優勝請負人として2球団に所属し、チームの4年連続優勝に貢献

1977年オフ、慕っていた野村監督の解任がきっかけとなり、広島東洋カープへ移籍しました。しかし、ここからの江夏豊は、優勝請負人としての名前をほしいままの活躍をみせます。1977年は5位と低迷した広島ですが、江夏がリリーフエースとして定着した1978年は3位と順位を上げ、1979年には2度目のリーグ優勝を果たします。同年の江夏は22セーブで2度目の最優秀救援投手タイトルにMVPも獲得しましたが、圧巻は日本シリーズでした。3勝3敗で迎えた近鉄との第7戦、9回1点リードで無死満塁という大ピンチを招きます。しかし、ここからスクイズの見破り含めて、打者二人から3アウトをもぎ取り広島は球団創設初の日本一を達成しました。伝説ともなった「江夏の21球」と呼ばれる完璧な投球でした。

さらに翌年も2年連続日本一と、広島黄金時代を担いましたが、この江夏の活躍に目を付けたのは、当時日本ハム監督の大沢啓二でした。1976年から長い期間をかけてチーム創りをし、最後のピースにリリーフエース江夏を求めます。そして当時の先発エースを放出してまで、トレードにこぎつけました。江夏は、期待通り、同年25セーブをあげて19年ぶりのリーグ優勝に貢献し、MVPを獲得します。両リーグでの受賞はこれが史上初であり、2016年現在でも江夏と小笠原道大しか達成していません。そして江夏は翌年も29セーブを上げて後期優勝に貢献し、4年連続5度目の最優秀救援投手タイトルを獲得しました。

現役引退、そしてメジャーリーグ挑戦と逮捕劇

日本ハム・大沢監督が勇退すると、今度は西武ライオンズへ移籍しました。江夏豊が所属する最後の球団となりましたが、体調不良もあり成績を上げることが出来ませんでした。当時の広岡達朗監督とのコミュニケーション不足も露呈し、江夏は二軍降格を言い渡されます。そして以降、江夏に一軍登板の機会は訪れませんでした。そして、通算200セーブ、通算3,000奪三振を目前にして現役引退を表明しました。

しかし、引退挨拶の場で、まさかのメジャーリーグ挑戦を表明します。そして1985年、36歳にしてミルウォーキー・ブルワーズの春季キャンプに参加します。開幕ロースター入りにあとわずかというところで、選考漏れし、その段階で改めて現役引退を表明しました。

引退後は、野球解説者を務める傍ら、映画やテレビにも出演するタレント活動もしていました。しかし、1993年、まさかのニュースで世間を騒がせます。同年3月、江夏は覚せい剤所持の現行犯で逮捕され、懲役2年4か月の実刑判決を受けました。その後、きっぱりと薬からは距離を置き、2015年には阪神の臨時コーチにも招かれました。しかし、実に逮捕から20年以上も時間が経ってからのことでした。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。