©Getty Images
VICTORY

大下剛史

広島カープのコーチ時代に「鬼軍曹」と称され、恐れられた大下剛史。広島商業高校時代から鳴らした華麗な守備で67年に東映フライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)に入団するとすぐにレギュラーに定着。トレードで75年から地元広島カープに戻ると核弾頭として大活躍。盗塁王を獲得するとともにこの年の広島初優勝、日本一に大きく貢献しました。その後もコンスタントに活躍してカープ黄金期を支える名選手になりました。このページでは大下剛史についてご紹介します。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter