(C)The Asahi Shimbun/Getty Image
VICTORY

なぜ春高バレーは1月開催となったのか? 元フジテレビGPが明かす背景とメリット

高校生の野球といえば、夏の甲子園が最高峰の大会。バレーボールなら、「春高」だろう。2010年まで3月に開催されていた大会が、2011年からは1月に変更された。大会も、全国高等学校バレーボール選抜優勝大会から全日本バレーボール高等学校選手権大会へと変わった。その経緯と影響について、当時、関わった元フジテレビスポーツ局ゼネラルプロデューサーの川口哲生さんにお話を伺った。(文=中西美雁)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(2)

  • 60
    小林至

    江戸川大学教授 元福岡ソフトバンクホークス取締役 2018/01/10 19:02

    こういうチャレンジ、いいですね。ここでもうひとつ、重要なのは、時限を設けて、うまくいかなければまた調整することだと思います。わたしたち日本人は、決断に時間をかけて慎重にものごとを運ぶ一方、一度、決めてしまうと拘泥しがち。本件も、受験して進学する学生は、参加できない→出場校の固定化という側面もある。それにしても、ショッピングモール理論に従うのであれば、プロ野球も、正月、何かのコンテンツをやるべきですよ。以前、NPBの活性策として、沖縄で若手選手を集めた、ウィンターリーグなんて案がありました。準決勝と決勝を1月2日、3日、箱根のあと14:00くらいからやろう、なんて盛り上がったことがありましたが、実現はしませんでした。

    もっと読む
  • 4
    池田敦司

    仙台大学准教授 元楽天野球団取締役副社長 元クリムゾンフットボールクラブ(ヴィッセル神戸)代表取締役社長 2018/01/09 08:35

    歴史と伝統の硬直化を壊すことは大変なことです。単なる開催時期変更と見られがちですが、時期ひとつをとってみてもいくつものステークホルダーの事情が絡み合っています。各方面との調整には多大な苦労をされたかと思いますが、実現出来たことには拍手を送りたいと思います。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter