©Getty Images
VICTORY

笠原栄一

元プロ野球選手の笠原栄一は、高校時代に投手として頭角を現すと、1984年ロッテドラフト1位で指名されます。将来の大器として期待されながらも、制球難で一軍到着できず、1993年には福岡ダイエーにトレード移籍します。12年間でプロ初勝利できず現役引退しましたが、その夢を息子が引き継ぎました。このページでは笠原栄一についてご紹介します。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter