全米OP初4強のキーズ
tennis365.net

米勢36年ぶり4強独占の快挙

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は6日、女子シングルス準々決勝が行われ、第15シードのM・キーズ(アメリカ)が予選勝者のK・カネピ(エストニア)を6-3, 6-3のストレートで下し、初のベスト4進出。全米オープンの女子シングルではオープン化以降、1981年以来36年ぶりにアメリカ勢が4強独占の快挙となった。 この試合、第1セットを先取したキーズは、第2セットの第1ゲームでブレークに成功。その後も地元の声援の期待に応えるプレーでリードを守り勝利した。 準決勝では、第20シードのC・バンデウェイ(アメリカ)と対戦する。バンデウェイは準々決勝で第1シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)を破っての勝ち上がり。 22歳のキーズは、これまでのツアー3大会で優勝。四大大会は2015年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でV・ウィリアムズ(アメリカ)らを破ってベスト4へ進出した。 前日の準々決勝ではヴィーナスとS・スティーブンス(アメリカ)も準決勝へ駒を進めている。 一方、敗れた32歳のカネピは2012年に世界ランキングで自己最高の15位を記録したが、以降は病気や怪我に苦しみ、一時は引退を考える程まで追い込まれた。 しかし、復帰を果たしたカネピは今大会、予選3戦を勝ち抜いて本戦入りを果たし、大坂なおみらを次々と破って8強へ駒を進めていた。

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter