©Getty Images
VICTORY

加藤伸一

20年以上のキャリアを誇る息の長い選手として知られる加藤伸一。甲子園未出場ながらそのスケールの大きい投球に期待を寄せられ、83年のドラフト会議で南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に1位指名されて入団。2年目から主戦投手として台頭し、89年には自己最多の12勝をマーク。その後、自由契約になった後広島カープにテスト入団し、96年にカムバック賞を受賞。さらにその後、オリックスブルーウェーブ、近鉄バファローズとチームを転々とし、通算92勝を挙げました。このページでは加藤伸一についてご紹介します。

続きを読む 続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter