2013年から主戦場として米ツアーの出場権を喪失した石川遼。復活の日はくるか
GDOニュース

石川遼が喪失したPGAツアーカード 再び手に入れるルートとは?

◇米国男子下部・入れ替え戦最終戦◇ウェブドットコムツアー選手権◇アトランティックビーチCC(フロリダ州)◇6849yd(パー71) 入れ替え戦の賞金ランクで31位になった石川遼は2013年から本格参戦したPGAのツアーカードを失った。「シード権」の意味にあたるツアーカードは、翌シーズンのツアーへの優先出場権を示すもので、世界のトップの舞台で戦う選手という証しでもある。 現在のPGAツアーは、レギュラーシーズンのフェデックスカップランク125位までに翌シーズンのシード権を付与している。同ランク150位までの選手は「準シード権」とでもいうべき、一段優先度の低い出場権。今季の石川はこの準シードを下回る同ランク175位で終了した。 PGAツアーによると、来季の石川は出場できても、主催者推薦などの数試合に限られる見通しだ。主催者推薦は年間で上限7試合。石川は、この限られた数試合で、今季レギュラーシーズン終了時のフェデックスカップランク150位以上のポイント(269pt)を獲得できると、「スペシャルテンポラリーメンバー」という資格で、来季の出場上限が解除される。 そうなれば、来季のレギュラーシーズン終了時にランク125位(今季は365.252pt)に入ることで、翌シーズンのツアーカードを手にできる。しかし、このポイントはメジャーなどを除く通常の試合で単独2位になっても届かない数字だ。実際、今季海外ツアーにスポット参戦を続けた谷原秀人は、ポイント配分の高い世界選手権シリーズ「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」で4位に入るなどの活躍を見せたが、来季のツアーカード獲得には及ばなかった。 そもそも石川は、日本ツアーを主戦場としていた2012年にスポット参戦した「プエルトリコオープン」で2位に入って、「スペシャルテンポラリーメンバー」の資格で計18試合に出場し、翌13年のツアーカードを獲得していた。 ちなみに以上は、敢えて言うなら、推薦出場を前提とした“非正規ルート”。かつてPGAツアーは、QT(予選会)から直接出場権を獲得することも可能だったが、現在の“正規ルート”は下部のウェブドットコムツアー経由のみとなっている。 入れ替え戦の賞金ランク31位の石川は、同26~50位に付与される下部ツアー(2018年1月開幕)の出場権を獲得している。ここで来季賞金ランク25位以内に入れば、2018-19シーズンのツアーカードを獲得することが可能だ。同ランク25位以内を逃した場合でも、ランク75位以内であれば、今シーズン同様に入れ替え戦の出場資格は満たせる。(フロリダ州ジャクソンビル/林洋平)

続きを読む

コメント(1)

  • 0
    小林一人(こばかず)

    2017/10/04 13:32

    松山英樹がプレーオフシリーズを戦う裏側で石川遼がPGAツアーへの生き残りをかけた入れ替え戦に臨んでいましたが、残念ながら2018-29シーズンの出場権を得ることはできませんでした。私はこの結果をあくまでも「敗北」ではなく「挑戦」だととらえたいし、世界の舞台への道のりをわれわれに知らしめてくれる石川選手を応援したいと思います。日本で賞金王を目指して再び頂点を目指すのもいいし、下部ツアーで揉まれるのもいいでしょう。またアジアツアー、ヨーロッパツアーという道もあります。いずれにせよ実力を高めるしかないわけで、そのプランをもう一度見直し、立て直す時期であることは間違いないと思います。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter