©Getty Images
VICTORY

日本は、ポーランドをどう攻略すべきか? 特別寄稿:柴村直弥

ロシアW杯で対戦する3カ国は、いずれも日本人に馴染みが薄い。そこで今回は、ポーランド2部ストミール・オルシュティンでプレー経験を持つ柴村直弥選手(クリアソン[東京都1部])に、分析を行なってもらった。直近2試合でポーランド代表が3バックを試していることなど、他で報じられていない現役選手ならではの視点をお読みいただきたい。(文:柴村直弥)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(3)

  • 123
    岩本義弘

    (株)TSUBASA代表取締役 2017/12/06 12:47

    ロシアW杯で日本と対戦するポーランド代表の分析記事。ポーランドリーグでプレー経験があり、以降も継続的にポーランド代表を追い続けている柴村さんならではの、深みのある記事です。

    もっと読む
  • 37
    サワヤマ

    2017/12/06 13:47

    ポーランドリーグでプレーした @shibamuranaoyaさんの記事。日本によくある「よく知らない=あまり強くない」式の勘違いは、情報をしっかり得ることで解消できます。超一流国からは一段落ちますが、EURO2016ベスト8の強国。日本が油断できる要素はありません。

    もっと読む
  • 2
    Takayuki Iwasa

    ヤフー 2017/12/08 07:05

    ワールドカップ参加は、ドイツ大会の2006年ぶり。つまり、現代表メンバーにワールドカップ経験者はほぼいない。確かに、戦力はレヴァンドフスキを中心に強い印象。ただ、癖のある南米やアフリカ、そしてアジアの日本と様々な大陸の特徴と、バラバラのスタイルの違うチームへの対応は難しいはず。付け入る隙はある。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter