ひとつ前のお話はこちら©カネシゲ タカシ

「うわーい!うわーい!ベイスターズが、かったやよ~!!
ラミちゃんせんしゅが、ホームランうったやよ!
ノリせんしゅも、かつやくしたやよ!
ひちょりせんしゅも、ふじたせんしゅも、みんなみんな
つおいやよーー!!」

あらあら、本当によかったね、ベイスたん!
それにしても、すごい喜びようだね。
まあ、無理もないか。
このところずっと、ごはんも抜きだったもんね。

©カネシゲ タカシ

今日は残念ながら「セントラル大ちゃんス」のおほしは
貰えなかったんだよね。
でも、ベイスターズが勝って良かったね。

©カネシゲ タカシ

あ、ベイスたん、しろいおほしをたべたね。
シウマイは、ハマスタに行くための、お弁当にするのかな?

©カネシゲ タカシ


「あやや~。もう、シウマイ、3ケもたまったやよ。
紀洋軒のシウマイは、ほんとうに、いいにお…」

©カネシゲ タカシ

大変!リュックに長い間入れていた2ケのシウマイが
すっぱくなっちゃった!

「ベイスたんのシウマイ、ベイスたんのシウマイ、
たすけてほしいやよ~!」

©カネシゲ タカシ

あわててノジマに出かけたベイスたん。

家電売り場のおじさんに事情を話すと、
お店のおじさんが、冷ぞう庫をオススメしてくれました。

©カネシゲ タカシ

「お客様、これは『こども用冷ぞう庫』なので、
お子さまにもとっても使いやすいんですよ。
これがあれば、シウマイも、すっぱくなりませんよ」

「あやや~、ほしいやよ。おいくらやよ?」

「シウマイ2ケ分ですね」

「あやゃ~、たかいやよぉ…」

©カネシゲ タカシ

「う、うーん…」

店長さんは、少し困った顔になりました。
それもそのはずです。
すっぱいシウマイは、商品としての値打ちがないのですから。

でも、店長さんは、いつもお店に来るベイスたんのことをよく知っていました。
ベイスたんが、ベイスターズがだいすきなことも知っていました。
「おほしさまとシウマイためて、はますたいくやよ!」と
リュックを買いに来たベイスたんの笑顔も、よく覚えていました。

「…よし。いいですよ、ベイスたん。
一生懸命貯めたシウマイですもんね。
おじさん、この冷ぞうこ、売ってあげますね」

©カネシゲ タカシ


「うわーい!ありがとうやよ!やさしいやよ!」

ぴょーんぴょーんと、ベイスたんは大はしゃぎ。

「やさしいおじさん、すきーー!
ベイスたん、おじさんのおなまえ、おしえてほしいやよ!」

©カネシゲ タカシ

「おじさんもね、ベイスたんに負けないぐらい、
ベイスターズのことが大好きなんですよ。

今はちょっと、チームから離れているけれど、
ベイスターズを愛する気持ちは、変わりませんよ。
だって、私の立派な教え子たちなんですから。

これからも、ベイスターズをいっぱい応援してくださいね!」


ノジマの店長さんは、ふしぎなことを言っていましたが、
まだまだ子どものベイスたんには、よくわかりませんでした。



でも、冷ぞう庫が買えて本当に良かったね、ベイスたん!

「これで、シウマイ、いつまでもだいじょうぶやよ!
はますたいったら、おばなてんちょうに、おみやげかうやよ!」

©カネシゲ タカシ

明日は大好きな三浦投手が先発だね。
一生懸命応援しようね、ベイスたん!

ひとつ後のお話はこちら
カネシゲ タカシ

著者プロフィール カネシゲ タカシ

漫画家・コラムニスト。1975年生まれ、大阪府出身。 「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。 現在は「週刊アサヒ芸能」や「スポーツナビ」に連載を持つほか、テレビ・ラジオ・トークイベントに出演するなど活動範囲を拡大中。 著書・共著に『みんなのプロ野球川柳』、『みんなの あるあるプロ野球』(ともに講談社)、『ベイスたんやよ!』(KADOKAWA)、『野球大喜利 ザ・レジェンド』(徳間書店)などがある。 元よしもと芸人。