史上最多受賞となったフェデラー
tennis365.net

フェデラー 史上最多6度目受賞

ローレウス世界スポーツ賞の授賞式が28日に開催され、男子テニスで世界ランク1位のR・フェデラー(スイス)が10年ぶり5度目の年間最優秀男子選手に輝いた。また、年間最優秀復帰選手も同時に受賞した。 ローレウス世界スポーツ賞とは、スポーツの各分野で活躍した選手やチームに贈られるもので、規模の大きさから「スポーツ界のアカデミー賞」と呼ばれている。 史上最年長の世界ランク1位のフェデラーは2005年から2008年まで4年連続で年間最優秀男子選手部門を受賞していた。 フェデラーは今回で元陸上競技短距離選手のウサイン・ボルト(ジャマイカ)を抜いて史上最多6度目のローレウス世界スポーツ賞受賞となった。 また、女子テニスで元世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)は年間最優秀女子選手に輝いた。 会場には日本から、年間最優秀障害者選手にノミネートされていた車椅子テニスで女子世界ランク1位の上地結衣や、2009年に引退した元女子プロテニス選手でスポーツコメンテーターの杉山愛、元サッカー日本代表の中田英寿もいた。杉山はローレウス世界スポーツ賞のアンバサダーに就任した。

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Twitter