2年連続16強のフェデラー
tennis365.net

フェデラー わずか58分で快勝

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)は12日、シングルス3回戦が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が第25シードのF・クライノビッチ(セルビア)に6-2, 6-1のストレートで快勝し、2年連続のベスト16進出を果たした。 この試合、ファーストサービスが入った時に89パーセントの確率でポイントを獲得したフェデラーは、5度のブレークに成功してわずか58分で勝利をおさめた。 4回戦では、世界ランク100位のJ・シャルディ(フランス)と対戦する。シャルディは3回戦で、第20シードのA・マナリノ(フランス)をフルセットで下しての勝ち上がり。 36歳のフェデラーがBNPパリバ・オープンに出場するのは今回が17度目で、昨年は決勝でS・ワウリンカ(スイス)をストレートで破って5度目のタイトルを獲得。今大会ではベスト4に進出することで世界ランク1位の座をキープすることになっており、2連覇と6度目の優勝、そして王座防衛を狙う。 また、今大会はシード勢の早期敗退が相次いでおり、第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第9シードのL・プイユ(フランス)、第14シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第15シードのJ・イズナー(アメリカ)、第21シードのK・エドモンド(英国)、第24シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)が初戦で敗退。第22シードの錦織圭は風邪による体調不良で棄権した。

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter