ツアー初優勝を果たした大坂なおみ
tennis365.net

大坂 冗談「史上最悪スピーチ」

女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)は18日、シングルス決勝が行われ、世界ランク44位の大坂なおみが第20シードのD・カサキナ(ロシア)を6-3, 6-2のストレートで下してツアー初のタイトルを獲得し、四大大会に次ぐグレードの「WTAプレミア・マンダトリー」で日本勢女子初優勝の快挙を成し遂げた。 決勝戦、大坂は第1セットを先取すると、第2セットは失速するカサキナから主導権を握り2度のブレークに成功。1時間10分で20歳の新世代対決を制した。 女子プロテニス協会のWTAのツイッターには、初優勝を飾った大坂の表彰式のコメント動画が掲載されており「こんにちは、新人です。やっぱり気にしないで」と笑顔で冗談を言った。続けて「トーナメントディレクター、WTA、スタッフ、理学療法士の方々に感謝したいです」とコメント。 「カサキナは本当にいい子。私たちは、これから多くの決勝などで顔を合わせていきたいと思います。私のチームにも、私に付き合ってくれてありがとうと言いたい。サポートをしてくれて。(コーチの)サーシャにも本当に感謝します。ここにはいない私の父にも。フロリダで観ている母と姉にも。何を言い忘れたっけ。スポンサーにも感謝したいです。アディダス、日清、WOWOW。ヨネックス!あとなんだっけ。ボールキッズは超最高!史上最悪のスピーチになると思う!皆さん、観戦に来てくれてありがとう!」 大坂のタイトル獲得は日本勢女子で11人目、BNPパリバ・オープンでノーシードからの優勝は史上3人目。昨年末からサーシャ・ベイジンをコーチにつけた大坂は飛躍。今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初のベスト16進出を果たしていた。 今大会は1回戦で元世界ランク1位のM・シャラポワ(ロシア)、2回戦で第31シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)、3回戦で世界ランク100位のS・ヴィケリー(アメリカ)、4回戦で同58位のM・サッカリ(ギリシャ)、準々決勝で第5シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)、準決勝で第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)を下し、カサキナとの決勝へ進出していた。

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter