ー今回、特に部活動などで試合が中止になったことを受けて、取組(後述)を始めたとお伺いしました。お二人はユース出身なので、部活動などにはあまり関心を寄せていないのか、と勝手に思っていましたが。

鈴木 実際に注目されるのは高校サッカーですからね。そこに対する嫉妬みたいなのはありますよ。  

安西 それはあるね(笑)。

鈴木 俺は高校サッカーにめっちゃ出たかったんですよ。あんなのに出たら、絶対にモテるじゃないですか(笑)。

安西 そこだよなあ、俺もそうだわ(笑)。

鈴木 そこ以外ないよ(笑)。

ーそのタイミングだけ、鹿島学園に移籍できたら良かったですね(笑)。

鈴木 鹿島学園も毎年のように出られるかは、微妙なんですよね。

安西 確かにそうだね。

鈴木 だから、行くなら必ず全国高校サッカー選手権大会に出られるような青森山田とか行きたいなって思っていたんですよ。

安西 わかるわあ。俺もそうですね。ユースのときに高校のチームとやるときだけは、圧倒してやろうって思っていましたね。それは、みんなが絶対に負けられないって話していました。僕らのほうが強いのになんで僕らは選手権に出られなくて、こいつらは選手権でチヤホヤされるんだって思っていましたね(笑)。

鈴木 ヴェルディは技術的にボコボコにしてやろうでしょ? 鹿島の場合は、あっちが球際の勝負で来たら球際で絶対に勝つからね。あっちは技術で追いつけないから、球際とかで勝負してくる。それで僕らが球際で負けたら、監督がキレていました(笑)。

安西 すごいな(笑)。

Vol.2「高校時代の思い出について」

Vol.2「高校時代の思い出について」

安西幸輝・鈴木優磨にビデオレターをリクエスト

安西幸輝|あなただけに贈るビデオレター|PasYou

誕生日やお祝いごとのメッセージ、お子さんや友人を鼓舞したり、励ましたりするメッセージ、自分への応援メッセージなどが届く!

PasYou(パスユー )|『あなただけ』に贈るビデオメッセージ

【安西幸輝×鈴木優磨特別対談】Vol.4理想の人間像と胸に秘める野望について

2019年まで鹿島アントラーズに所属した安西幸輝と鈴木優磨は、次世代における日本代表の中核を担うべくヨーロッパに活躍の場を求めた。そんな彼らが今回は、将来の話、なりたい人間像や旨に秘める野望について語った。

PasYou(パスユー )|『あなただけ』に贈るビデオメッセージ
PasYou
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部