「いろいろな形で恩返しを」ファン、サポーターへの想い

―憧れの選手からファンサービスをされた経験はありますか。
山田:ありますね。サッカーの川口能活選手や、松田直樹選手、久保竜彦選手などの世代とトレーニングをさせてもらっていて、沖縄合宿などでスパイクやグッズをいただきました。能活さんにはキーパーグローブにサインしていただきましたね。当時は学生だったので、「プロってかっこいいな」と思い、アスリートに憧れました。

―ファンの方にファンサービスをした経験はありますか。
山田:大学ラグビーから自分を応援してくださる方々が多く、当時、SNSはありませんでしたが、プロになってからブログを書き始めました。その時はプロのキャリアも少なくて、ブログを書くことに対して自信がありませんでした。
しかし、すごくお世話になっている方から、「一人でも見てくれる方がいたら、それはファンだし、お前はアスリートだよ」と勇気をいただきました。それからは、常に情報発信をしていて、それがファンのみなさんへのサービスだと思って続けています。
それと同時に、代表の試合の後は積極的にサインをさせていただいたり、優勝してスタジアムを一周する時に、スパイクを子どもにプレゼントしたりなど、僕が憧れていた選手からしていただいたことをさせてもらっています。

PasYouアンバサダーとして

―PasYouのサービスを紹介してください。
山田:PasYouは特定の相手に、アスリートがメッセージを送ります。お客様がどなたかにプレゼントする時も、相手の好きな選手を選んでプレゼントできるという、今の時代に合ったサービスだと思っています。

―PasYouのどの点を魅力に感じていただけましたか。
山田:僕は、会場やSNSで一人一人の方にメッセージを届けたい気持ちはありましたが、今まではその手段がありませんでした。
でも、PasYouはみなさんのリクエストにダイレクトに応えることができ、選手としても今まではふんわりとしたメッセージしか伝えられなかったと思うのですが、お誕生日のコメントや試合前のメッセージなど、このサービスを通して、1対1でコアなファンと繋がれることが魅力に感じました。

―ファンと1対1のコミュニケーションを取れる点をどのように活用していただけますか。
山田:まずは、お名前を呼ばせてもらって、ダイレクトに伝えられる点が良いところだと思います。クローズドな環境なので、相手の求めることに応えていきたいです。

届ける側としても、ファンの数やいろいろな方にサポートしていただくのも大事ですが、それ以上にコアなファンのみなさんを大切にしていく時代だと思っているので、みなさんの支えになりたいですし、みなさんに支えてもらいながら競技生活を進めていきたいと思っています。
―こんな人にこんなメッセージを届けたいというイメージはありますか。
山田:僕自身、学生時代はスポーツと勉学に励んできたので、特に学生の方で、何か努力している人たちの背中を押せるようなメッセージを届けたいと思っています。お子さんがラグビーの悩みを抱えている時に、親御さんや指導者の方にこのサービスを使ってもらって、「山田選手がこう言っているよ」などと伝えてもらえれば、説得力も増して、お子さんにとっても良いのではないかと思いますね。

―なぜ、アンバサダーを引き受けたのですか。
山田:ファンとのコミュニケーションを大切にしたいと思いながら、ずっとプロのキャリアを積んできました。
いろいろなサービスがある中で、PasYouさんはファンに想いをダイレクトに届けられる部分と、スポーツに特化したという部分が好きで、日本中のアスリートにぜひ使っていただきたいと思い、アンバサダーを引き受けさせていただきました。

―アンバサダーとしてどんな活動をしていく予定ですか。
山田:言葉にするのが苦手なアスリートの方も多いと思うので、その方には、「相手の名前を多く言う」とか、「笑いながら話しかけるといいよ」など、僕が培ってきた経験を生かしてアドバイスができたらと思っています。そして、若い世代の皆さんは年齢を重ねるにつれて、グローバルな視野で物事を捉えてほしいと思っているので、そのようなところをファンの皆さんと、アスリートの皆さんとシェアしながら、僕自身もみなさんから学んで成長したいと思っています。

「チャンスにはチャレンジをして自分がチェンジする」山田選手のモットー

―いろいろなビジネスに関わっていると思いますが、どんな発想ですか。
山田:常に進化し続けなければいけないと思っていて、PasYouさんと出会えたことが幸運ですし、チャンスだとも思っています。
本当に良いサービスには、自分の経験やエネルギーを全て注ぎ込んで、チャレンジをしていきたいです。僕は、「チャンスにはチャレンジをして自分がチェンジする」というモットーがあるので、過去の概念に囚われず、全身全霊で挑みます。


―アスリートがSNSを使って発信をする意義はどこにあると思いますか。
山田:僕はずっとチームスポーツをやってきましたが、自分一人では、アスリートとして成り立たず、チームメイトやチームスタッフ、家族など、自分のことをサポートしてくれる人と同じくらい、ファンのみなさんが大切な存在であることを実感してきました。
そして、「ファンのみなさんをどれだけ幸せにするか」、「ファンのみなさんの人生をどれだけ豊かにできるか」を考える責任が、アスリートにはあると思っています。

―連載企画で自分のことを発信していくメリットはありますか。
山田:話すことが苦手な選手がファンのみなさんに伝えるには、良いツールなのではないかと思っています。そして、1回のインタビューでは凝縮されたり、本来の趣旨が伝えきれなかったりすることもあるのではないかと思うので、連載企画を通して、自分の意見をみなさんに伝えていってほしいですね。
僕もインタビューの後に、「自分はこう思っていたのか」とか、「こんな未来が描けていたのか」と気づかせてもらえたこともあったので、連載企画はアスリート自身も成長させてくれる素晴らしい場所だと考えています。

アスリートを取り巻く環境が変化して、アスリートのみなさんもサービスを開発したり、事業を興したりする人が増えてきていますが、その機会が少ないアスリートにとっても、連載企画という場所があると、とっても心強いのではないかと思っています。

山田章仁|僕からあなたに贈るビデオメッセージ

誕生日やお祝いごとのメッセージ、お子さんや友人を鼓舞したり、励ましたりするメッセージ、自分への応援メッセージなどが届く!

PasYou(パスユー )|『あなただけ』に贈るビデオメッセージ

PasYou(パスユー )|『あなただけ』に贈るビデオメッセージ

誕生日やお祝いごとのメッセージ、お子さんや友人を鼓舞したり、励ましたりするメッセージ、自分への応援メッセージなどが届く!

PasYou(パスユー )|『あなただけ』に贈るビデオメッセージ
VictorySportsNews編集部

著者プロフィール VictorySportsNews編集部