文=李リョウ
VICTORY

プロサーファーの二つの道 サーフィンで収入を得る方法

プロサーファーには、2種類あるのをご存知だろうか。コンテストに出場して賞金などを得ているサーファーが一般的だが、「フリーサーファー」という生き方もある。コンテストに出場する世界のトッププレーヤーが、どれくらいの賞金を得るのか。そして彼らに匹敵する金額を稼ぐ「フリーサーファー」とは、どういう生き方なのか。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(5)

  • 44
    南 隼人

    株式会社Gifut代表 スポーツMC/アナウンサー 2017/05/16 12:48

    サーフィンと良く比較をされるスノーボードもほとんどのプロが賞金で生計を立てているわけではなく、スポンサー収入が主です。ただそれも一部の選手に限られます。スポーツというよりもカルチャーに近い競技はコンペティションよりも、映像や写真を自ら発信する能力が今後必要かと思います。

    もっと読む
  • 28
    小林一人

    メディアプレーヤー 2017/05/15 11:26

    サーフィンは実質「見るスポーツ」としての側面が大きいから、発信力と収入がリンクするのは当然でしょう。サーフィンに限りませんが、これからのアスリートは競技でのパフォーマンスだけでなく、自らでの発信力を身に付けることが必須で、そこを放棄してしまうと稼げません。

    もっと読む
  • 3
    飯沼誠司

    一般社団法人アスリートセーブジャパン代表理事 2017/05/15 12:49

    サーファーといってもそれのみで生計を立てている人は少ないと感じます。
    今後は、ケリースレーターのような起業家やアカデミックにサーフィンを発信していくような人も増えていくと思います。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter