ベスト8進出を果たしたナダル
tennis365.net

ナダル8強 大会8度目Vへ

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は18日、シングルス3回戦が行われ、大会8度目の優勝を狙う第4シードのR・ナダル(スペイン)が第13シードのJ・ソック(アメリカ)を6-3, 6-4のストレートで下し、9年連続のベスト8進出を果たした。 この日、ナダルはファーストサービスが入った時に83パーセントの確率でポイントを獲得し、世界ランク14位のソックを圧倒。3度のブレークに成功して1時間20分で勝利を手にした。 準々決勝では、第8シードのD・ティエム(オーストリア)と対戦する。両者は今回が6度目の対戦で、今季だけで3度目の顔合わせ。4月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)と先週のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)決勝では、いずれもナダルがストレートで勝利している。 今大会、ナダルは初戦の2回戦で予選勝者のN・アルマグロ(スペイン)が第1セットの第4ゲームで左膝の負傷により途中棄権を申し入れたため、思わぬ形で3回戦へ駒を進めていた。 現在30歳のナダルは、クレーコートシーズンに入ってから無敗。モンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)、バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル、ムチュア・マドリッド・オープンの3大会でタイトルを獲得している。 BNLイタリア国際では、2005・2006・2007・2009・2010・2012・2013年と7度の優勝を誇る。今年は4年ぶり8度目の優勝を狙う。

VIEW MORE

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter