©Getty Images
VICTORY

一発勝負のファイナルを制した栃木ブレックスが初代Bリーグ王者に

5月27日に行われたBリーグのプレーオフファイナル、リンク栃木ブレックスがシーソーゲームを85-79で制して、初代Bリーグ王者に輝いた。なぜ栃木は接戦を制することができたのか。そして、一発勝負で行われたファイナルにはどのようなメリットがあったのか。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(3)

  • 29
    南 隼人

    株式会社Gifut代表 スポーツMC/アナウンサー 2017/05/30 09:23

    現地で見ていましたが、レギュラーシーズンよりも積極的にシュートにいく姿勢が両チームにありました。3戦先取などにした場合、戦術などのチーム力も勝敗に影響する。しかし世界に通づる力というBリーグの理念に沿うと『ここぞ』という決定力は一発勝負の方が身につくのではないか。

    もっと読む
  • 24
    岩本義弘

    (株)TSUBASA代表取締役 2017/05/29 12:56

    単なるファイナルのリポート記事ではなく、ファイナルが一発勝負で行われることの是非にもしっかり触れている良記事。Bリーグの初年度を振り返る分析記事も、ぜひ読みたい。

    もっと読む
  • 16
    Daisuke Sawayama

    VICTORY編集部 2017/05/29 13:16

    競技だけでなくファシリティの問題にも詳しい大島さんならではの、Bリーグの現状が大づかみに把握できる良記事。

    実際「2016年問題」(大きめのアリーナが次々と回収に入る問題)はスポーツ業界だけのものではなく、ライブを通じて収益拡大を見込んでいた音楽業界にも大きなダメージを与えています。アリーナでしか開催できないBリーグは、いうなれば直接の競合なんですよね。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter