トビー・ドーソンについて

名前 トビー・ドーソン
生年月日 1978年11月30日
韓国
出身 韓国釜山市
プロフィール 韓国系米国人。3歳で孤児となり、養護施設を経て、スキー教師をしていた米国人夫婦に引き取られ養子となる。2003年フリースタイルスキー世界選手権男子モーグルとデュアルモーグルで銅メダル。2005年世界選手権はデュアルモーグルで金メダルを獲得。2006年トリノ五輪モーグルで銅メダルを獲得すると、韓国でも大きな話題となり、父親だと主張する人が数十人現れた。シーズン終了後、引退。2007年2月実父が判明し、再会を果たした。

3歳にして孤児に。過酷過ぎる幼少期

トビー・ドーソンはアメリカ国籍を持つ選手ですが、生まれたのは韓国の釜山でした。その生い立ちは過酷なもので、ドーソンは3歳のころに生活に苦しむ母がドーソンを手放す形で釜山の警察の前に捨てられてしまいます。これで3歳にして孤児になったドーソンはその後、釜山市内の児童養護施設に預けられることになりました。

孤児として育ったドーソンは韓国の聖職者協会の里親プロジェクトによって里親に預けられることになりました。ドーソンの里親に選ばれたのはアメリカ・コロラド州のスキーインストラクターの家。これで海を渡ることになったドーソンは晴れて養子となり、名前もここで「トビー・ドーソン」という名前になりました。そのためドーソンは現在も本名がわからないままでいます。

家がスキーインストラクターの指導をしていることもあり、自然とドーソンもスキーをすることになります。熱心な指導の下でドーソンはすぐにスキーの才能を見せるようになり、あっという間にコーチをしている養父にも認められるほどの才能を見せるようになりました。

スキーモーグルの選手として大成

波乱万丈な幼少期を経て、トビー・ドーソンはスキーモーグルの選手として才能を開花させていくことになります。さっそくドーソンが表舞台に立ったのは1999年1月。21歳で迎えたフリースタイルスキー・ワールドカップでした。ここでモーグルのレースに初参加を果たしたドーソンはいきなり5位入賞を果たし、その実力の高さを証明します。養父の熱心な指導の賜物とも言えますが、それ以上にドーソンの並々ならぬ才能がこれだけの成績の原動力になったのは言うまでもありませんでした。

さらにこの年、ドーソンは3月に行われたフリースタイルスキー世界選手権でも14位に入るなどの実績を残します。長野オリンピックが終了した直後な上、スキーモーグルはアメリカ代表の中でも層が厚い競技のために代表選出こそ声はかかりませんでしたが、孤児だった少年がここまで大成するとはまさに漫画のような出来事が起こりました。

その2年後になるとドーソンのスキー技術はますます凄みを増していくことに。2001年のフリースタイルスキー選手権ではモーグル8位、デュアルモーグルで17位に入る成績を残し、さらにワールドカップではシーズン最終戦に初勝利を挙げる着実な成績を残していきます。残念ながらソルトレイクシティオリンピックの代表に入ることはできませんでしたが、オリンピック終了後もドーソンの活躍は続き、トリノオリンピックの出場が期待されるようになりました。

オリンピック出場にこだわったワケ

スキーモーグルの実績を着実に積んでいったトビー・ドーソン。次なる目標となるのは当然、オリンピックの舞台でした。孤児というプロフィールを持つドーソンは特にオリンピックへの出場を熱望していました。

というのも、国際大会の最高峰であるオリンピックは普段スキーモーグルを知らない人でも注目して見る機会、ここで活躍してメダルを取るようなことがあれば、実の親に会えるかもしれない…里親との生活が決して不満と言うわけではないですが、実の親に会ってみたいという気持ちがまたドーソンをモーグルに向かわせる原動力になりました。

そうして迎えた2005-06シーズン。トリノオリンピックへの出場がかかるシーズンだけにドーソンも気合十分。フリースタイルスキー選手権ではデュアルモーグルでなんと金メダルを獲得、さらにモーグルでも5位入賞の大活躍を見せます。この活躍が決め手となったドーソンは見事にオリンピックの代表選手として選出されます。

そして迎えたトリノオリンピック。ドーソンはモーグルに出場すると華麗なジャンプと派手な大技を繰り広げて、見事に銅メダルを獲得。メダリストの生い立ちを紹介するメディアによってドーソンのプロフィールは世界中の人たちに知られるようになり、オリンピック史上最大級のドラマチックな生い立ちを持つ選手として知られるようになります。

これで実の父が現れて、ドーソンと出会えばハッピーエンドだったのですが…残念ながらその後はそんなきれいには終わりませんでした。銅メダル選手の実父は私だと名乗る人物が多数現れ、ドーソンはその対応に追われます。なんせ3歳の時点で父の存在を知らずに育っているドーソンには父の思い出もなく、検査をするならDNA鑑定しかないという状態です。

そのため、満足な練習時間を取れなくなったことでこの年を限りにドーソンはスキー選手としての現役を引退。競技から身を置いた直後は父探しのために韓国へ戻るなどの活動を続けました。

実父と再会を果たし、出生名を知る

現役を引退したトビー・ドーソンは自身の本当の父親を探すことをライフワークとして、活動を開始します。先の実父を名乗り出た人物もDNA鑑定を行い続けることで、ドーソンは自身の本当の父に出会うことを信じました。

そして2007年2月、とうとうドーソンはDNA鑑定の結果、実父と判明したキム・ジェスと再会。これと同時にドーソンの出生名もキム・ボンスクと判明するというドラマチックな結果を迎えました。

その後、ドーソンは2度の結婚を果たし、現在は平昌オリンピックの広報大使として活動し、第二のキャリアを順調に歩んでいます。

VICTORYアスリート名鑑

著者プロフィール VICTORYアスリート名鑑

VICTORYアスリート名鑑編集部のアカウントです。