予選ラウンドロビン2連勝のフェデラー
tennis365.net

フェデラー ズベレフ下し2勝目

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は14日、グループ・ボリス ベッカーのシングルス予選ラウンドロビンが行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)を7-6 (8-6), 5-7, 6-1のフルセットで下し、2勝目をあげた。 第1セット、フェデラーは第1ゲームでいきなりブレークのピンチを迎えるも、これをしのいでキープに成功。互いにサービスキープが続いて迎えたタイブレークでは4ポイント連取を許したが、ここから巻き返してこのセットを先取する。 ファーストサービスの確率を落として第2セットを落としたフェデラーだったが、ファイナルセットではミスが先行したズベレフから第3ゲームで先にブレークに成功。ネットプレーなど多彩な攻めで、粘るズベレフを振り切って接戦をものにした。 36歳のフェデラーは今季、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)やウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)など7大会でタイトルを獲得。ATPファイナルズには2年ぶり15度目の出場で、6年ぶり7度目の優勝を狙う。 予選ラウンドロビン1試合目では、第8シードのJ・ソック(アメリカ)に6-4, 7-6 (7-4)のストレートで勝利しており、今回で2連勝となった。 一方、敗れた20歳のズベレフはATPファイナルズに初出場。予選ラウンドロビン初戦では、第5シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-4, 3-6, 6-4のフルセットで下して1勝目をあげていた。 今大会のシングルスはグループ・ピート サンプラスとグループ・ボリス ベッカーに分かれ、各グループの4選手が総当り戦を行う。各グループの上位2名が決勝トーナメントへ進出し、1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。 獲得ポイントは予選ラウンドロビンで1勝する毎に200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する 【グループ・ピート サンプラス】 (1)R・ナダル(スペイン) 0勝1敗 (4)D・ティーム(オーストリア) 0勝1敗 (6)G・ディミトロフ(ブルガリア) 1勝0敗 (7)D・ゴファン(ベルギー) 1勝0敗 P・カレノ=ブスタ(スペイン) 【グループ・ボリス ベッカー】 (2)R・フェデラー 2勝0敗 (3)A・ズベレフ 1勝1敗 (5)M・チリッチ 0勝2敗 (8)J・ソック 1勝1敗

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter