勝訴したラファエル・ナダル
tennis365.net

ナダル勝訴 薬物疑惑に終止符

パリの裁判所は16日、フランス政府の元スポーツ省大臣であるロズリーヌ・バシュロに対し、男子テニスで世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)へ12,000ユーロ(約160万円)を支払うよう命じた。 昨年にバシュロ元大臣はフランスのテレビ番組で「2012年にナダルがツアー離脱したのは、ドーピングをしているから」と発言。これに対し、ナダルはイメージを傷付けられたとして100,000ユーロ(約1,300万円)の損害賠償を請求していた。 ナダルは16日に自身のフェイスブックで「報道でも分かるように、自分、チーム、そしてファンにとって幸せな日となった。自分を信じてくれた全ての人々に感謝したい」と現在の心境を綴った。 また、今回の賠償金の全てをフランスのチャリティーへ寄付すると発表している。 現在開催中のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)にナダルは第1シードで出場したが初戦で敗れた後、膝の負傷により棄権を表明していた。

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter