復帰戦を8位発進としたウッズ。同組のトーマスも感嘆する内容だった (Mike Ehrmann/Getty Images)
GDOニュース

復帰戦のウッズが「69」 同組トーマスをアウトドライブ

◇米国男子(ツアー外競技)◇ヒーローワールドチャレンジ 初日(30日)◇アルバニーGC(バハマ)◇7302yd(パー72) 自身のホスト大会で約9カ月ぶりに戦線復帰したタイガー・ウッズは5バーディ、2ボギーの「69」をマークした。3アンダーとして首位に3打差の8位タイ。18人が出場する4日間大会でまずまずの滑り出しを見せた。 精鋭ぞろいのフィールドでも、注がれる視線は比べ物にならない。テレビ中継局はこの日、キャリアで4度目の腰の手術からのカムバック戦となったウッズに、朝の練習中から密着。画面の下にはティオフまでの残り時間を示すタイマーを表示させた。 注目のスタートからウッズは好プレーを見せた。1番でいきなり同組の昨季年間王者、ジャスティン・トーマスを1Wでアウトドライブ。3番(パー5)では向かい風を2Iで切り裂き、2オンに成功して最初のバーディを決めると、4番で6mをパットでねじ込んでパーを拾い、ガッツポーズを見せた。 後半10番では残り158ydの第2打を7Iで弾道を抑えて打ち、ピンそば2mにつけてバーディ。5mを沈めた13番からは2連続としてスコアを伸ばした。同組でプレーした「全米プロ」覇者のジャスティン・トーマスは「僕だったら1カ月半もプレーしないと、なまってしまう。彼ほど(の間隔が空くと)となると信じられないけれど、それでも良いプレーをしていた」と、ブランクを感じさせないラウンドに感嘆した。 ホールアウト後、インタビューに「この日のラウンドをひとことで言うと?」と問われたウッズは、「3つでもいいかい? Up and Down――パットでバーディをたくさん取れたけれど、パー5でいいプレーができなかった」と答えた。 「最初のラウンドで良いプレーができただけでなく、まだトップと3打差にいる。10カ月ぶりのプレーでこの位置はいい気分だ」と満足感も示した。1年3カ月ぶりの復帰となった前年大会も指摘されたアプローチの不振については、この日も9番(パー5)などでウェッジのミスが出た。特に逆目の芝からの対処に問題があるというが、「パー5で2つのボギーをたたくことなく、しっかりプレーできていればトップに並べたと思う。あしたは小さなミスをなくしていければ」と笑顔で話した。 「今朝、僕を支えてくれて、きょうのラウンドをプレーするチャンスを与えてくれたすべての人々に感謝したんだ」とウッズ。たび重なる手術に、飲酒(または薬物)運転の容疑による逮捕などプライベートでのトラブルでも世間を騒がせた“Up and Down”のキャリアはまだ終わっていない。復活への道を――まずは多くの人がそう期待できるラウンドになった。(バハマ・アルバニー/桂川洋一)

続きを読む

コメント(1)

  • 0
    小林一人

    メディアプレーヤー 2017/12/01 16:56

    いまなおゴルフの中心にいるのはタイガー・ウッズだということが今週証明されました。遠心力を操るエレガントなスイングにチェンジしたタイガーは話題をふりまくだけでなく、来年以降のメジャートーナメントで結果を残しそうな予感がします。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter