初戦を突破したオスタペンコ
tennis365.net

昨年の全仏女王が初戦突破

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は初日の15日、女子シングルス1回戦が行われ、第7シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)が元世界ランク4位のF・スキアボーネ(イタリア)を6-1, 6-4のストレートで下し、2年連続の初戦突破を果たした。 この日の序盤はミスが目立ったオスタペンコだったが、持ち前の力強いストロークでスキアボーネから試合の主導権を奪い、わずか1ゲームしか与えずに第1セットを先取する。 第2セット、オスタペンコは第4ゲームで先にブレークを許したが、第7ゲームでブレークバックに成功。その後も互角の展開となったが、粘るスキアボーネを振り切って初戦をものにした。 2回戦では、世界ランク84位のデュアン・インイン(中国)と対戦する。デュアンは1回戦で、同110位のM・デュケ=マリーノ(コロンビア)を6-0, 6-1のストレートで下しての勝ち上がり。 20歳のオスタペンコは、昨年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)でノーシードから四大大会初優勝を飾り、韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、WTAインターナショナル)でツアー2勝目をあげた。 今季は、深センオープン(中国/深セン、ハード、インターナショナル)とシドニー国際(オーストラリア/シドニー、ハード、プレミア)の2大会連続で初戦敗退する波乱に見舞われていた。 今大会は上位シードが順当に勝ち進んだ場合、3回戦で第32シードのA・コンタベイト(エストニア)、4回戦で第10シードのC・バンデウェイ(アメリカ)か第24シードのD・チブルコワ(スロバキア)と対戦する組み合わせとなっている。

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter