逆転負けを喫した杉田祐一
tennis365.net

杉田 惜敗、逆転許し初戦敗退

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)は8日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク40位の杉田祐一は同66位のH・セバリョス(アルゼンチン)に7-6 (7-5), 4-6, 6-7 (4-7)の逆転で敗れ、初戦で姿を消した。 この日、タイブレークで杉田はネットプレーを決めてセットポイントを握ると、最後はセバリョスからミスを誘い出して第1セットを先取。 その後、第2セットを落とした杉田は、ファイナルセットの第3ゲームでダブルフォルトを犯すと流れがセバリョスに傾き、先にブレークを許す。 第9ゲームではマッチポイントを握られたが、このピンチをしのいた杉田が土壇場でブレークバックに成功。しかし、タイブレークではセバリョスにパッシングショットを決められるなどで、2時間30分を超える接戦の末に敗れた。 杉田は前週のドバイ・ デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード 、ATP500)でベスト8へ進出した。 その他の日本勢では、第22シードの錦織圭が初戦の2回戦でL・メイヤー(アルゼンチン)とV・エストレージャ=ブルゴス(ドミニカ共和国)の勝者と対戦する。 西岡良仁はM・バグダティス(キプロス)、ダニエル太郎はC・ノーリー(英国)と1回戦で顔を合わせる。 一方、杉田に勝利したセバリョスは、2回戦で第11シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と対戦する。

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter