世界ランク33位へ後退した錦織
tennis365.net

錦織 6年半ぶりに30位台へ

男子テニスの3月19日付ATP世界ランキングが発表され、錦織圭は前回から8つ下げて33位へ後退。アジア勢トップから陥落した錦織が世界ランキングで30位台になるのは、2011年の10月以来 約6年半ぶり。 前回から3つ上げて自己最高の23位へ浮上したチョン・ヒョン(韓国)は、錦織を抜いてアジア勢トップになった。 トップ10ではBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)で準優勝を飾ったR・フェデラー(スイス)が1位をキープ。同大会で優勝したJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)は、前回から2つ上げて6位へ浮上した。 また、L・プイユ(フランス)は自身初のトップ10入りを果たした。 3月19日付の男子ATP世界ランキングは以下の通り。 ※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント ■1位[ - ]…R・フェデラー 9,660ポイント(10,060ポイント) ■2位[ - ]…R・ナダル(スペイン) 9,370ポイント(9,460ポイント) ■3位[ - ]…M・チリッチ(クロアチア) 4,905ポイント(4,870ポイント) ■4位[ - ]…G・ディミトロフ(ブルガリア) 4,600ポイント(4,635ポイント) ■5位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ) 4,505ポイント(4,540ポイント) ■6位[ +2 ]…J・M・デル=ポトロ 4,155ポイント(3,200ポイント) ■7位[ -1 ]…D・ティーム(オーストリア) 3,675ポイント(3,810ポイント) ■8位[ +1 ]…K・アンダーソン(南アフリカ) 3,235ポイント(3,080ポイント) ■9位[ -2 ]…D・ゴファン(ベルギー) 3,190ポイント(3,280ポイント) ■10位[ +2 ]…L・プイユ 2,420ポイント(2,455ポイント)

続きを読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter