(C)共同通信
VICTORY

大迫傑はなぜ東京マラソンに参戦するのか? その理由を考察する 

日本の男子マラソンが〝加速〟している。そのメインステージとなっているのが東京マラソンだ。昨年は設楽悠太(Honda)が14年ぶりに日本記録を更新する2時間6分11秒をマーク。井上大仁(MHPS)も2時間6分台で続くと、同一レースでは過去最多となる日本人9名がサブテン(2時間10分切り)を達成した。 そして3月3日の第13回大会には、昨年10月のシカゴマラソンで設楽のタイムを塗り替えた日本記録保持者・大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が参戦する。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(0)

この記事にはまだコメントがありません。

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter