©Masaharu Hasegawa(Institute for Future Asian Football)
VICTORY

タイサッカー界に登場した新ブランドの快進撃

タイのスポーツアパレル界を席巻する新ブランド「WARRIX(ワリックス)」。サッカータイ代表のサプライヤーにまで上り詰めた新進ブランドの社長に、今後の戦略を聞いてみた。

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(6)

  • 8
    小泉文明

    株式会社メルカリ 取締役 2017/02/28 13:00

    UNDER ARMOURのようにスポーツブランドのど真ん中として参入するのか、最近のオニツカタイガーのようにファッション市場を侵食するように参入するのか、とても楽しみな展開。

    もっと読む
  • 8
    飯田覚士

    『飯田覚士ボクシング塾 ボックスファイ』会長 プロボクシング第9代WBA世界スーパーフライ級王者 2017/02/28 22:21

    社長が「日本の心」を知っているだけに、日本メーカーにとって脅威になるかも。見えないところの刺繍や哀悼の意を表すモデルチェンジ。メーカーのコンセプトや想いが伝わるって、日本人は好きですもんね!
    とはいえ、タイの現在の経済情勢にマッチしただけ…となる可能性も?海外進出はデザインと品質は当然すぐれており、宣伝手法も秀逸でなければ。

    もっと読む
  • 7
    秦 英之

    ニールセンスポーツ代表取締役 2017/02/28 15:29

    国内でも、一つの例として、先日高校二冠を達成した青森山田高校が、ユニフォームを「bonera」のブランドとして、ナイキ社から移行したケースがあります。一見、ナイキ社、アディダス社、プーマ社などの大手が抑えてそうな市場の中で、こうした新興勢力が入り込むのは素晴らしいことです。
    商品力もそうですが、画期的なデザインやコンセプトを一つの特徴として、この多種多様な時代に差別化することは、スポーツ界発展にも繋がると思います。是非、こうした動きが、スポーツウェアのみならず、他の分野にも展開することを期待したいです。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter