©Getty Images
VICTORY

共同キャプテン・立川理道が語る日本代表とサンウルブズの今

2016年、日本代表だけでなく、クボタスピアーズ、サンウルブズでもリーダーとしてチームを引っ張った「ハル」こと立川理道。今年2月に負傷したため、共同キャプテンを務めるサンウルブズでは今、ピッチに立てていないが、日本ラグビーに対する熱い思いは変わらない。“キャプテン”立川の目には、サンウルブズと日本代表の現状がどのように映っているのか。

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(1)

  • 2
    TK@live

    2017/04/23 12:27

    アジア、U20、SRと3つに出るので80人の代表スカッドは仕方がない。
    が、強化が遅れていてさらに仕込みにも時間がかかっている感がある。若手には代表の重さも理解できていない(韓国戦において)
    心配になってきた

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter