©Getty Images
VICTORY

ドルトムントが浦和戦で見せた、世界水準。強烈な二度追いプレスについて

今年発足した「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」、初戦の浦和レッズ対香川真司所属のドイツの名門ドルトムント。ドルトムントが3-2で逆転勝ちを収めました。来日翌日、シーズン開幕前、新監督就任1週間という状態でドルトムントが見せた強さはさすがの一言です。この試合の解説を、ブロガー・らいかーるとさんに依頼しました。

この連載について

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(7)

  • 112
    岩本義弘

    (株)TSUBASA代表取締役 2017/07/17 17:35

    ブロガーのらいかーるとさん(@qwertyuiiopasd)による、浦和vsドルトムント戦の戦術分析記事。とても丁寧な分析なので、なんとなく感じていたことがスッキリして、読んでいて気持ちがいい。

    もっと読む
  • 75
    中溝康隆

    プロ野球死亡遊戯 2017/07/18 02:13

    この試合より全然話題にはならなかったけど、ガラガラの長居でJリーグ首位のセレッソをまるで子供扱いしたセビージャの強さは衝撃的だった。時に「Jが暴かれる」親善試合をやる意義はデカいと思う。

    もっと読む
  • 39
    岡部恭英

    TEAMマーケティング (UEFAチャンピオンズリーグ) Head of Asia Sales 2017/07/18 09:51

    ドルトムントのようなプレッシングを日本が1試合を通して行うには、フィジカル改善が望まれるが、そういう意味では、急激に選手のフィジカルをあげて注目されているいわきFCのトレーニング手法が参考になるのではないだろうか?

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter