©Getty Images
VICTORY

ベルギーサッカーに学ぶ、怪物育成術。なぜ次々とワールドクラスが生まれるのか

2002年日韓W杯での対戦から15年。「赤い悪魔」ベルギー代表は、怪物の集団へと変ぼうした。チェルシーの攻撃を牽引する欧州屈指のドリブラーエデン・アザールを筆頭に、マンチェスター・ユナイテッドの前線に君臨するロメル・ルカク、マンチェスター・シティの中核としてバロンドールすら射程に捉えるまで成長したケビン・デ・ブライネ。黄金世代に加え、モナコのユーリ・ティーレマンス(20歳)のように、若い世代も育ってきている。怪物を生む育成システムには、幾つかの重要な鍵が隠されている。(文:結城康平)

アプリで続きを読む 続きを読む ウェブで読む

コメント(5)

  • 30
    中野崇

    株式会社JARTA international 代表取締役/スポーツトレーナー 2017/11/15 16:35

    ベルギーのような、小国にも関わらずサッカー強豪である国の育成戦略は非常に参考になりますね。
    サッカーだけでなく、日本スポーツ界はベルギーのように
    「限られた子どもたちから優秀な選手を見つけ出し、育てなければならない」という強い危機感の共有をベースにした育成システムを再構築する必要があるのでは。

    もっと読む
  • 3
    岡部恭英

    TEAMマーケティング (UEFAチャンピオンズリーグ) Head of Asia Sales 2017/11/19 20:15

    ベルギーの育成が優れているのもあるでしょうが、欧州であろうと南米であろうとサッカー大国はいずれも、歴史上(もしくは近年になって)、人種のるつぼ的な移民大国であるという事実は、認識しておく必要があると思います。

    グローバリゼーションが促進している昨今、サッカーのみならず日本社会の停滞は、多様性の不足が大いに起因しているかと思います……。

    もっと読む
  • 1
    Takayuki Iwasa

    ヤフー 2017/11/15 20:07

    日本の人口が減少しているからこそ尚更。観察眼、、、失敗を恐れない、アグレッシブな眼を持つ指導者求む。

    もっと読む

RANKING 記事ランキング

RECRUIT

RECENT COMMENTS

ログイン

Facebook Twitter