ひとつ前のお話はこちら©カネシゲタカシ

テレビさんと冷ぞうこさんは、ベイスたんを起こすことにしました。
あのとき、ここに逃げ込んで、そのまま冬眠しているんだよね。

テレビさんは言いました。

「起こす方法は、カンタンだよネ」

©カネシゲタカシ©カネシゲタカシ©カネシゲタカシ

あ、あれ…?

©カネシゲタカシ

なんということでしょう!

あのときは「つつごう体操」の楽しいリズムにつられて
飛び出したはずのベイスたんが、今回は出て来ません。

どうやら、大好きなベイスターズの旗の中はよっぽど居心地が良いらしく、
深い深い眠りについているようです。

©カネシゲタカシ

これは困りました。
皆さん、テレビさんと冷ぞうこさんに知恵を授けてあげて!

©カネシゲタカシ


コメントらんや、ツイッター(@Bays_tan)で、どの選択肢がよいのか、テレビさんと冷ぞうこさんにヒントをあげてくださいね。

ひとつ後のお話はこちら
カネシゲ タカシ

著者プロフィール カネシゲ タカシ

漫画家・コラムニスト。1975年生まれ、大阪府出身。 「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。 現在は「週刊アサヒ芸能」や「スポーツナビ」に連載を持つほか、テレビ・ラジオ・トークイベントに出演するなど活動範囲を拡大中。 著書・共著に『みんなのプロ野球川柳』、『みんなの あるあるプロ野球』(ともに講談社)、『ベイスたんやよ!』(KADOKAWA)、『野球大喜利 ザ・レジェンド』(徳間書店)などがある。 元よしもと芸人。