ひとつ前のお話はこちら©カネシゲタカシ©カネシゲタカシ

「やっぱり『ノリさんたいそう』かなァ…。
でも、『全部試してみテ』って、ごいけんもあったかラ、
ぜんぶやってみようネ、冷ぞうこさん」


なるほど、ひとつのご意見に絞りきれなかったんだね。
でも全部試すのは、とてもいいかもしれないね。



さあ、まずは、「ノリさん体操」。
ベイスたんにとって、中村ノリせんしゅは、いちばん特別な存在だもんね。

©カネシゲタカシ©カネシゲタカシ©カネシゲタカシ


さすが「ノリさん体操」は、効果ばつぐんです。
バットを放り投げる動作に、反応しているよ。

「つぎは、シウマイ作戦だヨ!」

©カネシゲタカシ

「去年のシウマイだけド、冷ぞうこさんが
しっかり冷凍しておいてくれたヨ」

これも、すごい反応!
「ぷるぷる」にくわえて、「もちもち」感まで出てきたね。


「最後は、こちょこちょ作戦だヨ。
あ、そうだ。ついったーのお友達ガ、これでこちょこちょするといいっテ…」

©カネシゲタカシ

あっ、いつも間にこんなものを!?
カープファンさん、すいぜんのアイテム、
「スラィリーさん人形(ぴろぴろ付き)」じゃない!

「ちょっと売店かラ、おかりして来たノ」

なるほど、ハマスタのグッズ売り場には、
いろんなものが置いてあるもんね。

©カネシゲタカシ

ああ、すごい反応!
スラィリーさんのぴろぴろに反応して、
ものすごい もちもち感!


「あ…あやや…あやややや……(ぷるぷるもちもちっ)」

©カネシゲタカシ

おはよう、ベイスたん!

ひとつ後のお話はこちら
カネシゲ タカシ

著者プロフィール カネシゲ タカシ

漫画家・コラムニスト。1975年生まれ、大阪府出身。 「週刊少年ジャンプ」にてデビュー。 現在は「週刊アサヒ芸能」や「スポーツナビ」に連載を持つほか、テレビ・ラジオ・トークイベントに出演するなど活動範囲を拡大中。 著書・共著に『みんなのプロ野球川柳』、『みんなの あるあるプロ野球』(ともに講談社)、『ベイスたんやよ!』(KADOKAWA)、『野球大喜利 ザ・レジェンド』(徳間書店)などがある。 元よしもと芸人。